映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハリウッド監督学入門

なんでこんなにやり方が違うの?? 中田秀夫監督がハリウッドの映画製作の手法に迫ったドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

『ザ・リング2』を監督するため、ハリウッドでの映画作りに取り組んだ中田秀夫監督。その後も当地に残り、次回作となる(予定だった)『THE EYE』のシナリオに取り掛かっていた。しかし何度も推敲してシナリオを提出するも、一向に撮影開始の許可「グリーンライト」が灯る気配はない。日本映画と比較して進行の遅いハリウッドの映画作りに疑問を感じた中田監督は、カメラを手にとり周囲への取材を始める。



■解説

日本で『リング』シリーズや『仄暗い水の底から』などをヒットさせ、ハリウッドでも『ザ・リング2』を初登場全米興収1位に導いた中田秀夫監督が、当地で活動を続ける中で肌で感じた “ハリウッド流映画作り”について、当地のプロデューサーやスタッフなどにインタビューしていくドキュメンタリー。「グリーンライト」、「カヴァレッジ」(様々なアングルやサイズで撮影しておく手法)、「テスト・スクリーニング」の3つの視点で、日本の映画製作とハリウッドのそれの違いを明らかにしていく。その中で浮き彫りになるのは、徹底したハリウッドの商業主義だ。中田監督と同じくハリウッドで成功を収めた清水崇監督も取材対象として出演している。

  • 2009年3月21日 より シアター・イメージフォーラムにて

  • 配給:ビターズ・エンド
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中田秀夫 (Hideo Nakata)
製作 中田秀夫 (Hideo Nakata)
撮影 ジェニファー・フカザワ (Jennifer Fukagawa)
音楽 川井憲次 (カワイケンジ)
録音 ジェニファー・フカザワ (Jennifer Fukagawa)
音響効果 柴崎賢治 (シバザキケンジ)
編集 青野直子
ライン・プロデューサー ジェニファー・フカザワ (Jennifer Fukagawa)
整音 柿澤潔 (カキザワ)
撮影応援 宮崎紀彦 (ミヤザキノリヒコ) 岸塚祐季 小菅規照
字幕 石田泰子 (Yasuko Ishida)

■キャスト

俳優名 役名
ウォルター・F・パークス (Walter F. Parkes) 
ミシェル・ウェイスラー (Michele Weisler) 
ロイ・リー (Roy Lee) 
ジュリアン・テュアン (Julien Thuan) 
ガブリエル・ベリスタイン (Gabriel Beristain) 
マイケル・クニュー (Michael Knue) 
ハンス・ジマー (Hans Zimmer) 
ジョー・メノスキー (Joe Menosky) 
一瀬隆重 (イチセタカシゲ) 
清水崇 (Takashi Shimizu) 
ブライアン・ウィッテン (Brian Witten) 
ジョナサン・リーベスマン (Jonathan Liebesman) 
マイケル・プライス (Michael Price) 
ランデル・ルデル (Landen Ruddel) 
マイク・エプリー (Mike Epley) 
ノラ・ベハール (Noah Behar) 
ドロン・メンナ (Doron Menna) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!