映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 悲夢(ヒム)

  • PG-12

キム・ギドク×オダギリジョーが愛の本質を描き出す!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある夜、別れた恋人を追って車を運転していたジンは、追突事故を起こす。しかし、恋人を見失わないよう再び車を走らせたところに酔った男が飛び出してきて―そこで彼は目覚める。落ち着かないジンは、救急車のサイレンに誘われるように車を走らせ…そこで見たのは夢で見た事故の光景だった。道路の監視カメラの映像から警察に拘束されたのはランという女性。夢遊病の彼女は、ジンの夢に呼応するように、現実に行動を起こしていた。



■解説

韓国の鬼才キム・ギドク監督の第15作は、日本映画界を代表する俳優オダギリジョー(韓国では日本人俳優としてNO.1の人気を誇っているという)を迎え、「夢」に翻弄される男女の狂おしい愛を描いたラヴ・ストーリー。これまで見たこともない多彩な表情と感情の高ぶりで演じるオダギリの姿は新鮮だ。イ・ナヨンとのピタリと息の合った緊迫感ある演技は見ものだろう。毎回、観客を驚かすギドク演出だが、今作での斬新なアプローチ―それは、オダギリは日本語で話し、イ・ナヨンほか韓国人キャストは韓国語で喋りながらもコミュニケーションがとれているという設定。最初は違和感を覚えるかもしれないが、やがて自然に届くようになるから不思議だ。

  • 2009年2月7日 より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて

  • 配給:スタイルジャム
  • 製作国:韓国(2008)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 キム・ギドク (Kim Ki-duk)
脚本 キム・ギドク (Kim Ki-duk)
プロデューサー ソン・ミンチョル (Song Min-Cheol)
撮影 キム・ギテ (Kim Gi-tae)
美術 イ・ヒョンジュ (イ・ヒョンジュ)
音楽 ジバク (ジバク)
録音 イム・デジ (イム・デジ)
照明 カン・ヨンチャン (Kang Youn-chang)
衣装デザイン マ・ヨンヒ (マ・ヨンヒ) タケダ・トシオ (タケダ・トシオ)
ヘアメイク ジャンジン (ジャンジン)
特別出演 チャン・ミヒ (Jang Mi-hee)

■キャスト

俳優名 役名
オダギリ ジョー (Jo Odagiri)  Jin
イ・ナヨン (I Na-Yeong)  Ran
パク・チア (Park Jee-ah)  Jin's ex-lover
キム・テヒョン (Tae-hyeon Kim)  Ran's ex-lover

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!