映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 愛のむきだし

  • R-15

“純愛”とは、コレだ! 園子温が実話をベースに撮り上げた、237分にも及ぶ愛のエンターテイメント

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。しかしテツが妖艶な女サオリに溺れてから生活は一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに毎日「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗撮という罪作りに没入していくユウ。そんな彼はある日、罰ゲームで女装している最中に、ついに理想の女性ヨーコと巡り合うが……。



■解説

鬼才・園子温監督が撮り上げた渾身のエンターテイメント。敬虔なクリスチャン一家に育った少年ユウが、運命の少女ヨーコとの出会い、謎の新興宗教団体と関わっていく姿を、237分の長時間にわたって濃密に描いていく。盗撮、パンチラ、カルト教団、女装などなど、作品内はかなり倒錯した、あるいは変態的な言葉や状況に満たされている。が、それらはキャラクターの変態性を物語るものではなく、「純愛」を描くための素材。その素材によって明らかにされたいくつかの愛のかたちから、「純愛」の輪郭が見えてくるのだ。西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラら若手俳優陣が見事な演技を披露。約4時間の上映時間が驚くほど短く感じられる作品だ。

  • 2009年1月31日 より ユーロスペースほかにて

  • 配給:ファントム・フィルム
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 園子温 (Sion Sono)
アクション監督 カラサワイサオ (Isao Karasawa)
脚本 園子温 (Sion Sono)
原案 園子温 (Sion Sono)
エグゼクティブプロデューサー 横濱豊行 (Toyoyuki Yokohama) 河井信哉 (カワイシンヤ)
コー・エグゼクティブプロデューサー 松岡周作 (マツオカシュウサク)
プロデューサー 梅川治男 (ウメカワハルオ)
撮影 谷川創平 (タニカワソウヘイ)
美術 松塚隆史 (マツヅカタカシ)
音楽 原田智英 (ハラダトモヒデ)
主題曲/主題歌 ゆらゆら帝国 (ユラユラテイコク)
挿入歌 ゆらゆら帝国 (ユラユラテイコク)
録音 永口靖 (ナガグチヤスシ)
照明 金子康博 (カネコヤスヒロ)
編集 伊藤潤一 (イトウジュンイチ)
スタイリスト 松本智恵子 (マツモトチエコ)
キャスティング 石垣光代 (イシガキミツヨ)
アソシエイト・プロデューサー 諸橋裕 (モロハシユタカ)
ライン・プロデューサー 鈴木剛 (スズキツヨシ)
制作担当 戸田格
製作経理 佐藤尚子 (Naoko Satou)
助監督 森倉研弥
アクションデザイン 坂口拓 (サカグチタク)
特殊メイク 西村喜廣 (Yoshihiro Nishimura) 石野大雅 (イシノタイガ)
特殊造形 西村喜廣 (Yoshihiro Nishimura) 石野大雅 (イシノタイガ)
整音 小宮元 (コミヤハジメ)
VFXディレクター 馬場革 (ババカク)
アシスタントプロデューサー 須藤麻衣子 (すどうまいこ) 千田一義
ゲスト出演 板尾創路 (Itsuji Itao) 岩松了 (Ryo Iwamatsu) 大口広司 (オオグチヒロシ) 大久保鷹 (オオクボタカ) 岡田正 (オカダタダシ) 倉本美津留 (クラモトミツル) ジェイ・ウエスト (JAI WEST) 深水元基 (Motoki Fukami) 吹越満 (Mitsuru Fukikoshi) 古屋兎丸 (フルヤウサマル) 堀部圭亮 (Keisuke Horibe) 宮台真司 (ミヤダイシンジ)

■キャスト

俳優名 役名
西島隆弘 (Takahiro Nishijima)  角田ユウ
満島ひかり (Mitsushima Hikari)  ヨーコ
安藤サクラ (Sakura Ando)  コイケ
尾上寛之 (オノウエヒロユキ) 
清水優 (シミズユタカ) 
永岡佑 (ナガオカタスク) 
広澤草 (ヒロサワソウ) 
玄覺悠子 (ゲンカクユウコ) 
中村麻美 (ナカムラマミ) 
渡辺真起子 (ワタナベマキコ)  カオリ
渡部篤郎 (Atsuro Watabe)  テツ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!