映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 風の歌を聴け

夏休みに、生まれ故郷の海辺の街に帰省した主人公の大学生と、馴染みのバーでの旧友との再会や、女の子との出会いを描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ドリーム号で神戸までと言うと、受付の男は怪訝そうな顔をした。今、東京から神戸まで行くバスはない。十年前の夏休み二十一歳の“僕”は神戸、三の宮駅前をドリーム号から降りた。僕は昔馴染みの「ジェイズ・バー」に入って行くと、ジェイは「お帰り、友だちが待ってるよ」と言う。指さす方を向くと「春休みからずっと待っていたんだ」と酔った“鼠”がフラついた足どりでカウンターにやってきた。ビールを飲んで再会を祝う二人。僕と鼠の出会いは、二人が鼠の運転する車に乗っていて横転したときだ。怪我一ツなかったツキを大切にしようと二人はコンビを組んだ。鼠の家は大金持ちで、彼は今、大学を退学している。数日後、僕はジェイズ・バーで飲み過ぎて倒れている女を家まで送って行った。翌朝、女は同じ部屋にいる僕に「酔った女に手を出すなんて最低」と言う。「何もしていない」との僕の言葉をてんで信じない…。



■解説

79年度『群像』新人文学賞を受賞した村上春樹の同名の小説の映画化で脚本・監督は「ヒポクラテスたち」の大森一樹、撮影は渡辺健治がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1981)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 大森一樹 (オオモリカズキ)
脚本 大森一樹 (オオモリカズキ)
原作 村上春樹 (ムラカミハルキ)
企画 多賀祥介
製作 佐々木史朗 (ササキシロウ)
プロデューサー 佐々木啓
撮影 渡辺健治 (ワタナベケンジ)
音楽 千野秀一 (チノシュウイチ)
録音 中沢光喜
照明 釜田幸一 (カマタコウイチ)
編集 吉田栄子 (ヨシダエイコ)
製作主任 久里耕介 (クリコウスケ)
助監督 白石宏一
スチール 糸川燿史

■キャスト

俳優名 役名
小林薫 (Kaoru Kobayashi) 
真行寺君枝 (シンギョウジキミエ) 
巻上公一 (マキガミコウイチ) 
坂田明 (サカタアキラ)  ジェイ
蕭淑美   鼠の女
室井滋 (Muroi Shigeru)  三番目の女の子
広瀬昌助   旅行センター係員
狩場勉 (カリバツトム)  当り屋・学生風の男
古尾谷雅人 (フルオヤマサト)  当り屋・柄の悪い男A
西塚肇 (ニシヅカハジメ)  当り屋・柄の悪い男B
黒木和雄 (Kazuo Kuroki)  精神科の先生

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!