• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『空とコムローイ 〜タイ、コンティップ村の子どもたち〜』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 空とコムローイ 〜タイ、コンティップ村の子どもたち〜

タイの山岳民族の子どもたちと彼らを支える人々を撮り続けた、温かいプライベート・ドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

タイの最北部、ミャンマーやラオス国境に近いメーサイの郊外に、コインテップ村がある。ここでは、貧困や犯罪から逃れたアカ族の子供や女性たちが、イタリア人神父の下で暮らしていた。アカ族の中には、貧しさから売春や麻薬密売に手を出す者も少なくないからだ。やがてエイズに感染していたユイが、2歳の娘ファを残して亡くなる。ファは母親の死の意味さえわからない。村人の愛情を受けて育っていくファを、カメラは追っていく。



■解説

「コムローイ」とは白い紙でできた熱気球のこと。タイでは願いをかけて空へ飛ばす習慣がある。本作は、作者である三浦淳子がタイ北部の施設に暮らす人々と出会い、交流を深めていく姿を描く。親を亡くしながらも、すくすくと成長していく少女ファを軸に、ファの母ユイ、村を支えるペンサ神父、その神父の片腕として施設の人々の面倒を見るノイ、耳が不自由ながら身振り手振りでコミュニケーションをとるムタばあちゃんなど、施設に暮らす人々の七年間を追う。少数民族が置かれた厳しい状況がこうした施設を必要としているのだが、本作はただ、村人たちに寄り添って見つめる「個人映画」だが、そこに作者の優しい視線が込められている。

  • 2009年1月31日 より ユーロスペースにて

  • 配給:パンドラ
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 三浦淳子 (ミウラジュンコ)
構成 伊勢真一 (イセシンイチ)
プロデューサー 岩永正敏 (イワナガマサトシ)
撮影 三浦淳子 (ミウラジュンコ)
音楽 横内丙午 (ヨコウチ)
録音 米山靖 (ヨネヤマキヨシ)
編集 三浦淳子 (ミウラジュンコ)
編集技術 世良隆浩
整音 井上久美子 (イノウエクミコ)
宣伝美術 村越豊
宣伝コピー シラスアキコ (シラスアキコ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!