映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • GOTH ゴス

死にたくなったら、僕が殺してあげる

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高校生の神山樹は、学校では友達に囲まれた優等生だが、実は人間の残酷な部分に異常な興味を持っていた。クラスでは友達もなく浮いた存在の森野夜とは、目を合わせただけで同じ嗜好の持ち主であることが分かり、やがて行動を共にするように。ある日、若い女性の惨殺死体が発見される。犯人の気持ちが分かるのは自分たちしかいないと、樹と夜は犯人探しを始める。そして、樹に心を寄せる夜は、悲しい過去を打ち明けるのだった。



■解説

ティーンから絶大の支持を誇るミステリー作家、乙一の出世作、「GOTH」の映画化。人間の死と死体の魅力に取り付かれた神山樹と森野夜が謎の女性惨殺事件を捜査していくうちに、お互いの心の闇に触れていく。残酷なシーンも多いが映像は美しく、せつない。オカルトではあるが、死を賞賛した作品ではなく、特にラストに明かされる衝撃の真実には感動するだろう。出演は『NANA2』『シルク』の本郷奏多と本作がデビュー作とは思えないほど際立った存在感を放っている高梨臨。また、塚本圭史、鳥肌実など個性的なキャストが脇を固めている。監督は、『CHARON カロン』『ポチの告白』の高橋玄。

  • 2008年12月20日 より 渋谷シアターTSUTAYAほか全国にて順次公開

  • 配給:ジョリー・ロジャー
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 高橋玄 (タカハシゲン)
作劇 柏田道夫 (カシワダミチオ) 高橋玄 (タカハシゲン) 堀田尚志 (ホッタタカシ) 齋藤翠 Gram (Gram)
製作 大橋孝史 (オオハシタカシ)
プロデューサー 上野境介 (ウエノキョウスケ)
撮影 釘宮慎治 (クギミヤシンジ)
美術 安宅紀史 (アタカノリフミ)
音楽 村上純 (ムラカミジュン)
録音 岩丸恒 (イワマルヒサシ)
照明 田辺浩 (タネベヒロシ)
編集 矢船陽介 (ヤフネヨウスケ)
制作担当 新井聡 (アライサトシ)
助監督 崎田憲一

■キャスト

俳優名 役名
本郷奏多 (Kanata Hongo)  神山樹
高梨臨 (タカナシリン)  森野夜
長塚圭史 (Keishi Nagatsuka)  喫茶店の店主
松尾敏伸 (マツオトシノブ)  喫茶店の常連客
柳生みゆ (ヤギュウミユ)  樹の妹
山中聡 (ヤマナカサトシ)  喫茶店の常連客
鳥肌実 (トリハダミノル)  喫茶店の常連客

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!