映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 感染列島

広がるウイルス、見つからない治療法、その中でなすべきこととは?! ウイルスの恐怖を映したパニック大作!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり、病院はパニックになってしまう。WHOのメディカルオフィサーで松岡の元恋人・小林栄子が事態の収拾と調査に乗り出し、松岡も彼女と共に戦うことを決意するが、感染は日本全国に広がってしまい……。



■解説

有効な治療法のないウイルス感染症が広まった日本をリアルにシミュレートしながら、ウイルスと戦う人々の姿を克明に描き出した作品。感染患者が多数搬送され修羅場と化した医療現場で、自らの体力と精神を削りながら治療を続ける医師たち。そして感染症にかかってしまった患者たち。彼らが必死になって“今、できること”を模索し、実行する姿には胸を打たれる。その中心にいて、苦しい事態の中で感情を揺さぶられる医師を妻夫木聡と檀れいが熱演。そんな心を動かす物語の一方、作品の中で進んでいく感染被害の状況には、背筋の寒い思いをするはず。パンデミックの脅威について、大きな警鐘を鳴らす作品だ。

  • 2009年1月17日 より TOHOシネマズスカラ座ほか全国にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ)
脚本 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ)
企画 下田淳行 (シモダアツユキ)
プロデューサー 平野隆
共同プロデューサー 青木真樹 (アオキマキ) 辻本珠子 (ツジモトタマコ) 武田吉孝 (タケダヨシタカ)
撮影 斉藤幸一 (サイトウコウイチ)
美術 金勝浩一 (カナカツヒロカズ)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
主題曲/主題歌 レミオロメン (レミオロメン)
録音 井家眞紀夫 (イカマキオ)
照明 豊見山明長 (トミヤマメイチョウ)
編集 川瀬功 (カワセイサオ)
ライン・プロデューサー 及川義幸 (オイカワ)
助監督 李相國 (Sokoku Li)
スクリプター/記録 江口由紀子
SFX/VFXスーパーバイザー 立石勝 (タテイシマサル)
製作担当 藤原恵美子 (フジワラエミコ)
友情出演 佐藤浩市 (Koichi Sato)

■キャスト

俳優名 役名
妻夫木聡 (Satoshi Tsumabuki)  松岡剛
檀れい (Dan Rei)  小林栄子
国仲涼子 (Kuninaka Ryoko)  三田多佳子
田中裕二 (タナカユウジ)  三田英輔
池脇千鶴 (Ikewaki Chizuru)  真鍋麻美
竹山隆範 (タケヤマタカノリ)  鈴木浩介
金田明夫 (Akio Kaneda)  高山良三
光石研 (Ken Mitsuishi)  神倉章介
キムラ緑子 (Kimura Midoriko)  池畑実和
嶋田久作 (Kyusaku Shimada)  立花修治
正名僕蔵 (マサナボクゾウ)  田村道草
ダンテ・カーヴァー (Dante Carver)  クラウス・デビッド
馬渕英俚可 (マブチエリカ)  鈴木蘭子
小松彩夏 (コマツアヤカ)  柏村杏子
三浦アキフミ (Akifumi Miura)  小森幹夫
夏緒 (ナツオ)  神倉茜
太賀 (タイガ)  本橋研一
藤竜也 (Tatsuya Fuji)  仁志稔

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!