映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 櫻の園 −さくらのその−

チェーホフの名作劇に、少女たちの想いが込められる

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バイオリニストの夢を諦めた桃は、親が決めた名門私立高校、櫻華学園へ編入する。伝統を重んじる音楽高校とそりが合わずに退学したが、編入した櫻華学園も伝統に囚われた学校だった。うんざりした桃は、出入りが禁止されている旧校舎で、「桜の園」のシナリオを見つける。昔は、演劇部の生徒が脚本を書き、毎年桜の季節に上演されていたらしい。この脚本を演じてみたくなった桃は、親しくなった生徒に声をかけ、出演者を集める。



■解説

規律と伝統に囚われた名門女子高に編入した桃が封印された脚本「桜の園」を上演させる。アイドル、福田沙紀の魅力満載の青春ストーリーだ。学園のお気楽女子高生に辟易しながらも、次第に絆を深めていく桃の姿に注目。チェーホフの「桜の園」を知っておくと更に楽しめるかも。出演は福田沙紀、寺島咲、大島優子、はねゆり、武井咲ら。そんな若手女優を支えるのは、同じオスカープロの菊川怜、上戸彩、京野ことみ、米倉涼子らと、ベテラン、大杉漣、富司純子ら。監督は、『12人の優しい日本人』の中原俊。1990年にも中島ひろ子主演で同作を監督し映画賞を総ナメにした。18年ぶりに作り上げた“今の時代だからこその「櫻の園」”に注目して欲しい。

  • 2008年11月8日 より 丸の内ピカデリー2ほか全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中原俊 (Shun Nakahara)
脚本 関えり香 (セキエリカ)
原作 吉田秋生 (ヨシダアキミ)
台詞 石川薫 (イシカワカオル)
製作総指揮 古賀誠一 (コガセイイチ) 松本輝起 (マツモトテルキ)
エグゼクティブプロデューサー 関根真吾 (セキネシンゴ)
プロデューサー 成田尚哉 (ナリタナオヤ) 池田史嗣 秋元浩之 (アキモトヒロユキ)
撮影 石井浩一 (イシイヒロカズ)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ)
音楽 川井憲次 (カワイケンジ)
主題歌 スピッツ (スピッツ)
録音 志満順一
照明 金沢正夫 (カナザワマサオ)
編集 冨田伸子 (トミタノブコ)
VE 吉村博幸 (ヨシムラヒロユキ)
アソシエイト・プロデューサー 東快彦 (ヒガシヨシヒコ) 湊谷恭史 (ミナトヨヤスフミ) 笹岡幸三郎
助監督 久保朝洋 (クボトモヒロ)
装飾 山田好男 (ヤマダヨシオ)
デジタル合成 浅野秀二 (アサノシュウジ)
特別出演 米倉涼子 (Yonekura Ryoko) 菊川怜 (Kikukawa Rei) 上戸彩 (Ueto Aya)

■キャスト

俳優名 役名
福田沙紀 (Fukuda Saki)  結城桃
寺島咲 (テラシマサキ)  赤星真由子
(Anne)  小笠原葵
大島優子 (オオシマユウコ)  沢美登里
はねゆり (ハネユリ)  横田奈々美
武井咲 (Takei Emi)  水田真紀
柳下大 (ヤナギシタトモ)  町田洲
京野ことみ (Kyono Kotomi)  結城杏
大杉漣 (Ren Osugi)  鈴木仁三郎
富司純子 (Sumiko Fuji)  高山玲子

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!