映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • シネマ歌舞伎 人情噺文七元結

山田洋次×中村勘三郎 夢の顔合わせで贈るシネマ歌舞伎

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

本所割下水に住む長兵衛は、人柄のいい、腕の立つ左官だが、困ったことに大の博打好き。女房のお兼とはいつも喧嘩ばかり。それを見かねた娘のお久は、吉原に身を売る決心をする。吉原の妓楼・角海老のお駒は長兵衛を呼び出し、心根を入れ替えて働くよう諭し、五十両を貸すのだった。親孝行な娘の思いにすっかり目が覚めた長兵衛が、家路につこうと大川端に差し掛かった時、まさに身投げしようとする若い男を見つける…。



■解説

“シネマ歌舞伎”は、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラ撮影し、スクリーンで上映する新しい映像作品。本作で7本目。まるで劇場で観ているかのような(本作は2007年10月の新橋演舞場での公演)感覚を再現する事に特長がある。落語や歌舞伎に造詣の深い山田洋次監督が、NYで観たシネマ歌舞伎『野田版 鼠小僧』に感銘を受け、中村勘三郎に話した事からこの企画がスタートしたという。観客の邪魔にならないよう、客席の後方から望遠レンズで撮影するのではなく、桟敷席の真ん中や舞台際など8台ものカメラを設置して作り上げたこだわりの画は、勘三郎さんの豊かな表情の変化をつぶさに記録しており、シネマ歌舞伎ならではの楽しみができる。

  • 2008年10月18日 より 東劇ほか全国にて順次公開

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (全国で33館)

■スタッフ

監督 山田洋次 (Yoji Yamada)
榎戸賢治
製作 荒牧大四郎
プロデューサー 土田真樹 (ツチダマサキ)
撮影監督 近森眞史 (チカモリマサシ)
撮影 佐光朗 (サコウアキラ) 高橋聡 岡雅一 (Masakazu Oka) 松島孝助 (マツシマコウスケ) 高橋久則 沖村志宏 (オキムラユキヒロ) 宝性良成 (ホウショウヨシナリ)
口演 三遊亭円朝 (サンユウテイエンチョウ)
5.1chミックス 清水和法 (シミズカズノリ)
編集 石島一秀 (イシジマカズヒデ) 田中敦彦 (タナカアツヒコ)
演出助手 小笠原依代 阿部勉 (アベツトム)
色彩設計/色指定 石原泰隆
舞台製作 安孫子正 岡崎哲也 (オカザキテツヤ) 山根成之 (ヤマネシゲユキ) 橋本芳孝
補綴 山田洋次 (Yoji Yamada)

■キャスト

俳優名 役名
十八代目中村勘三郎 (Kanzaburo Nakamura XVIII)  左官長兵衛
三代目中村扇雀 (ナカムラセンジャク)  女房お兼
六代目中村勘九郎 (ロクダイメナカムラカンクロウ)  和泉屋手代文七
中村芝のぶ (ナカムラシノブ)  長兵衛娘お久
四代目片岡亀蔵 (カタオカカメゾウ)  鳶頭伊兵衛
初代坂東彌十郎 (バンドウヤジュウロウ)  和泉屋清兵衛
七代目中村芝翫 (ナカムラシカン)  角海老女房お駒

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!