映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アキレスと亀

人生にとって大切なものを見つけた夫婦の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

裕福な家庭に生まれ育った真知寿は絵を描くのが大好きで、将来画家になる夢を持っていた。しかし両親が突然自殺し、一人ぼっちに。青年に成長した真知寿は、バイトで貯めたお金で美術学校に通っていた。そんな彼の前に美しい理解者が現れる…。同じ工場で働く幸子と結婚した真知寿は、彼女の手を借りながらますます芸術にのめり込んでいく。中年になった真知寿は来る日も来る日も創作に励んでいたが、絵はまったく売れなかった。



■解説

売れない画家の夫と、彼を支え励ます妻の物語。若い頃の夫婦を柳憂怜と麻生久美子が、その後をビートたけしと樋口可南子が演じている。夢を追いかける夫のそばで、あくまで普通の感覚を失わず、夫のダメぶりも含めて丸ごと愛する妻の姿は、大きな安心感を与えてくれると同時に、「中年になってもこんな夫婦でいられたら」と思わせてくれるだろう。いつも真剣だけれどユーモラスに映ってしまう夫婦のカタチは、理想の中年カップルの姿なのかもしれない。北野映画では珍しい“幸福感”漂う作品には違いないが、いたる所に“孤独感”が漂うのもまた事実。

  • 2008年9月20日 より テアトル新宿ほか全国にて

  • 配給:東京テアトル、オフィス北野
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 北野武 (Takeshi Kitano)
脚本 北野武 (Takeshi Kitano)
プロデューサー 森昌行 (モリマサユキ) 吉田多喜男 (ヨシダタキオ)
撮影 柳島克己 (ヤナギジマカツミ)
美術 磯田典宏 (イソダノリヒロ)
音楽 梶浦由記 (カジウラユキ)
録音 堀内戦治
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 高屋齋 (タカラヒトシ)
編集 北野武 (Takeshi Kitano) 太田義則 (オオタヨシノリ)
キャスティング 吉川威史 (ヨシカワ)
アソシエイト・プロデューサー 久保聡 (クボサトシ) 梅澤道彦 (ウメザワミチヒコ) 太田和宏 (オオタカズヒロ) 那須野哲弥 (ナスノテツヤ)
ライン・プロデューサー 小宮慎二 (コミヤシンジ)
助監督 松川嵩史 (マツカワタカシ)
スクリプター/記録 谷恵子
挿入画 北野武 (Takeshi Kitano)
製作担当 斉藤大和

■キャスト

俳優名 役名
北野武 (Takeshi Kitano)  倉持真知寿
樋口可南子 (Higuchi Kanako)  倉持幸子
柳憂怜 (ヤナギユウレイ)  青年時代の倉持真知寿
麻生久美子 (Aso Kumiko)  青年時代の幸子
中尾彬 (Akira Nakao)  倉持利助
伊武雅刀 (Masato Ibu)  菊田昭雄
大杉漣 (Ren Osugi)  倉持富輔
筒井真理子 (ツツイマリコ)  倉持春
吉岡澪皇 (ヨシオカレオ)  少年時代の倉持真知寿
円城寺あや (エンジョウジアヤ)  富輔の妻
徳永えり (Tokunaga Eri)  倉持マリ
大森南朋 (Nao Omori)  画商・菊田の息子

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!