映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 春琴抄

谷崎文学の金字塔として今なお人々を虜にする珠玉の名作を、32年ぶりに映像化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治初期。大阪道修町の薬種商鵙屋の次女・春琴は、9才の頃に眼病により失明して音曲を学ぶようになった。奉公人の佐助は、幼いころに見た主人・春琴の姿を観音様とあがめ弟子兼世話係として仕えている。我が儘放題で弟子が居つかず、種々の贅沢のために家の財政は苦しい春琴だったが、佐助だけはそんな春琴に過剰な程に献身的にご奉公を行っていく。そんな折、春琴の美貌を目当てに弟子入りした名家の息子、利太郎が春琴を梅見に誘い口説こうとするが、春琴は利太郎を袖にしたあげく、稽古の仕置きで額にケガをさせてしまう。その数日後、何者かが春琴の屋敷に侵入して春琴の顔に熱湯を浴びせ、大きな火傷を負わせる。春琴は深く悲しみ、ただれた自分の顔を佐助に見せようとしない。そんな春琴の姿を見て悩みぬいた佐助は、彼女の美貌を永遠のものにするため、ある決心をする…。



■解説

昭和8年に発表されて以来、過去幾度となく映画化され、その時代の名俳優・女優が演じてきた谷崎潤一郎の「春琴抄」。その名作中の名作が、山口百恵&三浦友和以来32年ぶりに映画化。主演は、数々のテレビ、映画で活躍中の斎藤工。彼の端正な美貌が、悩み耐え忍ぶ姿はファンならずとも必見。原作に惚れ込んだ斎藤は、本格的に浪花弁と三味線を特訓、見事に谷崎の耽美文学を演じている。そして、春琴役には、映画、テレビ、グラビアと大活躍の長澤奈央。体当たりの演技を見せている。監督は『青いうた のど自慢青春編』の金田敬。(作品資料より)

  • 2008年9月27日 より シアター・イメージフォーラム(モーニング&レイト)にて

  • 配給:ビデオプランニング
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 金田敬 (カネダサトシ)
脚本 小林弘利 (コバヤシヒロトシ)
原作 谷崎潤一郎 (タニザキジュンイチロウ)
製作 小林洋一 (コバヤシヨウイチ) 安西崇 (アンザイタカシ) 多井久晃 (タイヒサアキ) 佐伯寛之 三木和史 (ミキカズシ)
プロデューサー 三木和史 (ミキカズシ) 片山武志 (カタヤマタケシ) 村田亮 (ムラタリョウ)
撮影 今井裕二 (イマイユウジ)
美術 嵩村裕司 (Yuji Kasamura)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
録音 土屋和之 (ツチヤカズユキ)
編集 小林由加子 (コバヤシユカコ)
衣装デザイン 村島恵子 (ムラシマケイコ)
ヘアメイク 新井みどり (アライミドリ)
アシスタントプロデューサー 三上理永
製作主任 天野佑亮 (アマノユウスケ)
助監督 小野寺昭洋 (オノデラアキヒロ)
タイトル 赤岩保元 (Yasumoto Akaiwa)

■キャスト

俳優名 役名
斎藤工 (Takumi Saito)  佐助
長澤奈央 (ナガサワナオ)  春琴
松田悟志 (Satoshi Matsuda)  利太郎
沢木ルカ (サワキルカ) 
川島朋子 (カワシマトモコ) 
真日龍子 (マビリョウコ) 
嶋尾康史 (シマオヤスシ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!