映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ふるさと('83)

やがて湖底に沈みゆこうとしている岐阜県・徳山村を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

山狭の徳山村ではダム工事が行なわれていた。静かだった村の道をトラックが砂ぼこりをあげて走りぬけて行く。徳山村に住む伝三は、妻を亡くしてボケ症状が現れはじめていた。離村を余儀なくされている息子の伝六と嫁の花は、ダム工事の手伝いに出かけており、昼の間、伝三は一人である。それがいっそうボケを進めていた。隣人も忘れてしまい、伝六と同衾する花をふしだらな女とののしる伝三を、伝六は離れを建てて隔離する。夏が来て、川で水遊びをする子供たちを見て表情をなごます伝三に、隣家の少年・千太郎はあまご釣りの伝授を頼む。かつて伝三はあまご釣りの名人と言われていた。早起きして出かける二人。伝三のボケは回復に向かう。夏休みも終りの頃、雨の日が続き、再び孤独となった伝三のボケは狂気に近いまでになり、やむなく伝六は、離れに鍵をかけて伝三を監禁した…。



■解説

徳山村の出身で、同地で分校の先生をしている平方浩介原作の『じいと山のコボたち』の映画化で、脚本・監督は「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」の神山征二郎、撮影は、「アゲインスト むかい風」の南文憲がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1983)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 神山征二郎 (Seijiro Koyama)
脚本 神山征二郎 (Seijiro Koyama)
脚本協力 平方浩介 (ヒラカタコウスケ) こばやしひろし
原作 平方浩介 (ヒラカタコウスケ)
企画 瀬戸義昭 (セトヨシアキ) 国枝栄三 (クニエダエイゾウ) 安藤仁久 (アンドウ)
製作 大澤豊 (オオサワユタカ) 神山征二郎 (Seijiro Koyama) 後藤俊夫 (ゴトウトシオ)
制作補 桃沢裕幸
撮影 南文憲 (ミナミフミノリ)
美術 小川富美夫 (Fumio Ogawa)
音楽 針生正男
イメージソング 伊藤咲子 (イトウサキコ)
録音 菊地進平 (キクチシンペイ)
照明 岡本健一 (Kenichi Okamoto)
編集 近藤光雄 (コンドウミツオ)
助監督 神山魁三
スチール 金神徹三 宇田和義 島家春
ナレーター 市原悦子 (Ichihara Etsuko)

■キャスト

俳優名 役名
加藤嘉 (カトウヨシ)  伝三
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  伝六
樫山文枝 (カシヤマフミエ) 
浅井晋   千太郎
前田吟 (Gin Maeda)  谷先生
樹木希林 (Kiki Kirin)  ヨシ
花澤徳衛 (ハナザワトクエ)  雑貸屋
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ) 
鈴木ヒロミツ (スズキヒロミツ)  杉山
樋浦勉 (ヒウラベン)  良作
箕浦康子 (ミノウラヤスコ)  雪江
平林尚三   村の男
戸谷友   杉山の妻
赤松和義 (アカマツカズヨシ)  村人
岡田奈々 (オカダナナ)  ふく
篠田三郎 (シノダサブロウ)  青年時代の伝三

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!