映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • トウキョウソナタ

どこにでもいる、普通の家族が奏でる不協和音

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆然としたまま帰宅するが妻、恵にリストラされたことを言い出せなかった。夕食時、小学校6年生で次男の健二はピアノを習いたいと言い出すが、竜平は反対。翌日から、会社に行くフリをして、毎日ハローワークへ通っていた。ある日、大学生の長男・貴が、世界平和のためにアメリカの軍隊に入りたいと言い出す…。



■解説

2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞作品。どこか満たされないところがあるものの、ごく普通の家族が父親のリストラをきっかけに崩れ始める奇妙なコメディ・ドラマ。借り物の価値観に流されて生きてきた男が、会社からオミットされた時、自分に何もないことに気がつく。主演は、『ゆれる』、『鬼がきた!』の香川照之と、近年、女優としての活動が目覚しい小泉今日子。特に本作には並々ならぬ意欲を感じられる。鬱積したものを感じながらも、いびつに崩れかけた家族を大きな愛情で包む母親を演じられたのは、女性としての深みがあったからこそ。もうキョンキョンとは呼べないかも。監督は、『アカルイミライ』の黒沢清。

  • 2008年9月27日 より 恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町ほか全国にて

  • 配給:ピックス
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa)
脚本 マックス・マニックス (Max Mannix) 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa) 田中幸子 (タナカサチコ)
エグゼクティブプロデューサー 小谷靖 (コタニヤスシ) マイケル・J・ワーナー (Michael J. Werner)
プロデューサー 木藤幸江 (キトウユキエ) バウター・バレンドレクト (Wouter Barendrecht)
共同プロデューサー 椋樹弘尚 (ムクジュヒロヒサ)
撮影 芦澤明子 (アシザワアキコ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ) 松本知恵 (マツモトチエ)
音楽 橋本和昌 (ハシモトカズマサ)
音楽プロデューサー 和田亨 (ワダトオル)
録音 岩倉雅之 (イワクラマサユキ)
音響効果 渡部健一
照明 市川徳充 (イチカワトクミツ)
編集 高橋幸一 (タカハシコウイチ)
衣装デザイン 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
キャスティング 杉野剛 (スギノツヨシ)
アソシエイト・プロデューサー Raymond Phathanavirangoon (Raymond Phathanavirangoon)
ライン・プロデューサー 武石宏登 (タケイシヒロト)
助監督 西山太郎 (ニシヤマタロウ)
スクリプター/記録 松澤一美 (マツザワカズミ)
SFX/VFXスーパーバイザー 浅野秀二 (アサノシュウジ)
製作担当 山本礼二 (ヤマモトレイジ)
俳優担当 楠本直樹 (クスモトナオキ)
プロダクション担当 福田豊治 (フクダトヨジ)

■キャスト

俳優名 役名
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  佐々木竜平
小泉今日子 (Koizumi Kyoko)  佐々木恵
小柳友 (Yu Koyanagi)  佐々木貴
井之脇海 (イノワキカイ)  佐々木健二
井川遥 (Igawa Haruka)  金子先生
津田寛治 (Kanji Tsuda)  黒須
役所広司 (Koji Yakusho)  泥棒
児嶋一哉 (コジマカズヤ)  小林先生

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!