映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 落語娘

落語に青春を賭けた女性と、異端児師匠の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「絶対、真打になる!」と、12歳の時に落語に目覚めて以来、大学の落研で学生コンクールを総なめにしてプロの門をたたいた香須美。拾ってくれたのは奇行三昧で知られる業界の札付き・三々亭平佐だった。一度も稽古をつけてくれないばかりか、不祥事を起こしてしまって、寄席にも出入り禁止状態。そんな破天荒な師匠にTV局から、これまで演じた者が必ず命を落とすという呪われた演目「緋扇長屋」に挑む話が舞い込む…。



■解説

最近ブーム再燃が囁かれる日本の伝統芸能「落語」をテーマに、その世界に単身飛び込んで青春を賭けた女性と、業界の異端児と呼ばれた師匠の物語。落語界の知られざる裏事情、さまざまな演目、特にいわくつきの「緋扇長屋」にまつわるエピソードなど、ディテールへのこだわりが楽しめる一作だ。現役の落語家たちが監修に参加、楽屋での細かい所作から小物まで徹底指導しているという。マキノ雅彦として落語をモチーフとした映画『寝ずの番』を監督したこともある津川雅彦の、クライマックスで見せる漂漂とした話芸もさることながら、猛稽古を経て臨んだミムラの落語シーンは見逃せない。「寿限無」「景清」などの演目を見事に披露している。

  • 2008年8月23日 より シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国にて

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • コメディ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中原俊 (Shun Nakahara)
脚本 江良至 (エライタル)
原作 永田俊也 (ナガタトシヤ)
製作 尾越浩文 (オゴシヒロフミ) 馬場清 (ババキヨシ) 久松猛朗 (Takeo Hisamatsu) 石川博 (イシカワヒロシ) 竹内大策 (タケウチダイサク)
プロデューサー 伊藤秀裕 (イトウヒデヒロ) 南條昭夫 (ナンジョウアキオ)
協力プロデューサー 前田茂司 (マエダ)
撮影 田中一成 (タナカカズシゲ)
美術 松宮敏之 (マツミヤトシユキ)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
主題曲/主題歌 JiLL-Decoy association (ジルデコイ・アソシエーション)
録音 日比和久 (ヒビカズヒサ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
照明 東田勇児 (ヒガシダユウジ)
編集 矢船陽介 (ヤフネヨウスケ)
衣装デザイン 松田孝 (マツダタカシ)
企画協力 佐々木志郎 (ササキシロウ)
落語監修・指導 柳家喬太郎 (ヤナギヤキョウタロウ) 隅田川馬石 (スミダガワバセキ) 柳家喬之助 (ヤナギヤキョウノスケ)
整音 小峰信雄 (コミネノブオ)
特別出演 春風亭昇太 (シュンプウテイショウタ)

■キャスト

俳優名 役名
ミムラ (Mimura)  三々亭香須美
益岡徹 (Toru Masuoka)  三松家柿江
伊藤かずえ (イトウカズエ)  古閑由香里
森本亮治 (モリモトリョウジ)  清水和也
利重剛 (リジュウゴウ)  藤崎秀行
ベンガル (Bengaru)  桔梗家金雀
大河内浩 (Hiroshi Okochi)  上下家楽吉
勝矢 (Katsuya)  紺々亭喜多楼
花ヶ前浩一 (ハナガサキコウイチ)  椿家庵どん
久保晶 (クボアキラ)  蓮花亭笑佑
安藤彰則 (アンドウアキノリ)  神崎
若松力 (ワカマツチカラ)  三松家順平太
高橋俊次 (タカハシシュンジ)  飄家志んじ
藤本七海 (フジモトナナミ)  少女・香須美
金田龍之介 (カネダリュウノスケ)  芝川春太郎
笑福亭純瓶 (ショウフクテイジュンペイ)  幸助
佐藤大介 (サトウダイスケ)  清司
河村春花 (カワムラハルカ)  お加世
武田秀臣 (タケダヒデオミ)  捨五郎
園英子 (ソノヒデコ)  花魁
中村まり子 (ナカムラマリコ)  小梅婆さん
井上紀子 (イノウエノリコ)  40年前の登志子
峰岸徹 (ミネギシトオル)  安藤厚生労働大臣
なぎら健壱 (ナギラケンイチ)  評論家風の男
絵沢萠子 (エザワモエコ)  石田登志子
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  三々亭平佐

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!