映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 兵隊やくざ大脱走

“兵隊やくざ”シリーズ第五作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

太平洋戦争も戦局は日本にとって決定的に不利で、終戦は目前だった。北満の国境を固める朝倉部隊もソ連の大軍を迎えて玉砕の覚悟を決めていたが、そんな時も時、この部隊に転属してきたのが大宮二等兵と有田上等兵である。玉砕する気持ちなどさらさらない二人は、古兵や下士官との間にいざこざを起しながらソ連軍の攻撃を待っていたが、ある夜、大宮は慰問団とはぐれた親娘、笹原と弥生を助けた。女に飢えている兵隊たちは弥生に貪欲な目を向けたが、女好きの大宮も例外ではなく、有田は一悶着起りそうだと予感した。



■解説

有馬頼義が文芸春秋に連載した「貴三郎一代」を、「殺人者」の舟橋和郎が脚色し、「脂のしたたり」の田中徳三が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第五作目。撮影は「座頭市海を渡る」の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 田中徳三 (Tokuzo Tanaka)
脚色 舟橋和郎 (フナハシカズオ)
原作 有馬頼義
企画 久保寺生郎 (クボデライクオ)
撮影 武田千吉郎 (タケダセンキチロウ)
美術 内藤昭 (ナイトウアキラ)
音楽 鏑木創
録音 大角正夫 (オオスミマサオ)
照明 古谷賢次 (フルヤケンジ)
編集 山田弘
スチル 小山田輝男

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  大宮貴三郎
大楠道代 (Okusu Michiyo)  弥生
成田三樹夫 (ナリタミキオ)  青柳
田村高廣 (Takahiro Tamura)  有田
南都雄二 (ナントユウジ)  笹原
芦屋雁之助 (アシヤガンノスケ)  当番兵(一)
芦屋小雁 (アシヤコガン)  当番兵(二)
千波丈太郎 (センバジョウタロウ)  野辺地軍曹
五味龍太郎 (ゴミリュウタロウ)  黒沼軍曹
北城寿太郎 (ホウジョウジュタロウ)  木部准尉
仲村隆   朝倉中尉
伊達三郎 (Saburo Date)  川部上等兵
内田朝雄 (Asao Uchida)  柳田大尉
藤山浩二 (フジヤマコウジ)  長谷上等兵
寺島雄作 (テラシマユウサク)  開拓団の男
橋本力 (ハシモト)  村上一等兵
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  高木伍長
木村玄   佐伯伍長
勝村淳   佐藤兵長
平泉征   清島見習士官
小柳圭子 (コヤナギケイコ)  母親
浜田雄史   下士官
志賀明 (シガアキラ)  後藤一等兵
大林一夫 (オオバヤシカズオ)  兵D
山岡鋭二郎 (ヤマオカエイジロウ)  兵A
薮内武司   石坂一等兵
竹内春義 (タケウチハルヨシ)  室井上等兵
上原寛二   片岡上等兵
松田剛武   歩哨
黒木英男 (クロキヒデオ)  兵B
伴勇太郎 (バンユウタロウ)  早川上等兵
戸村昌子 (トムラマサコ)  避難民の女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!