映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Beauty うつくしいもの

長野県・伊那路。村歌舞伎に生涯を捧げた半次と雪夫の絆を描く。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和10年、長野県伊那路村。村歌舞伎を初めて見た少年・半次は、村に伝わる舞踊「天竜恋飛沫」を舞う雪夫に心を奪われる。雪夫に誘われ歌舞伎を始めた半次は、ふたりで「新口村」を演じ、初舞台で大成功を収める。そしていつしか、半次と雪夫は村の看板役者となっていく。時は過ぎ、昭和19年。半次と雪夫のもとにも召集令状が届く。終戦を迎え、シベリアの強制収容所に送られた半次たちを待っていたのは、過酷な労働の日々と、雪夫との死別であった…。一人帰国した半次は、いなくなってしまった雪夫の空白を埋めるかのように、かつての雪夫の役を演じ続けた。ある日、遠く離れた村で、伊那谷だけに伝わる芝居「六千両」を演じる役者がいることを知った半次は…。



■解説

長野県、天竜川流域の美しい秘境・伊那谷。その地で2世紀以上も受け継がれている村歌舞伎に生涯を捧げた半次と、その舞台上の伴侶とも言うべき花形役者・雪夫との、80年に渡る絆を描く。出演は、主役の半次に上方歌舞伎の名門、松嶋屋の片岡孝太郎。相手役の雪夫には、同じく松嶋屋で、歌舞伎以外にも活躍の場を広げる片岡愛之助。本歌舞伎の二人による「新口村」は、映画の物語とも重なり合い、完成された美しさを見せている。二人を見守る幼なじみ・歌子役には麻生久美子を起用。監督は人間と自然を描き続けてきた後藤俊夫。(作品資料より)

  • 2008年5月10日 より 長野ロキシー、飯田センゲキシネマにて先行上映

  • 配給:有限会社信州村歌舞伎保存会、Picture Gold Company
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 後藤俊夫 (ゴトウトシオ)
脚本 小野竜之助 (オノリュウノスケ) 菊原とい美 (キクハラトイミ)
製作総指揮 角川歴彦 (カドカワツグヒコ)
製作 後藤俊夫 (ゴトウトシオ) 山田俊輔 (ヤマダシュンスケ)
撮影 岩渕弘 (イワブチヒロシ)
美術 春木章 (ハルキアキラ) 内田欣哉 (ウチダキンヤ)
音楽 小六禮次郎 (コロクレイジロウ)
録音 本田孜 (ホンダツトム)
照明 栗木原毅 (アワキハラツヨシ)
編集 鍋島惇 (ナベシマジュン)
ヘアメイク 金森恵 (カナモリメグミ)
キャスティング協力 元川益暢 (Masunobu Motokawa)
ライン・プロデューサー 栗山和之
助監督 根本銀二 (ネモトギンジ)
振り付け 三世藤間勘祖 (フジマカンソ )
題字/タイトル 十五代目片岡仁左衛門 (カタオカニザエモン)

■キャスト

俳優名 役名
片岡孝太郎 (Takataro Kataoka)  小椋半次
片岡愛之助 (カタオカアイノスケ)  桂木雪夫
麻生久美子 (Aso Kumiko)  東浦歌子
嘉島典俊 (カシマノリトシ)  木下政男
眞島秀和 (Hidekazu Mashima)  佐伯剛三郎
大西麻恵 (オオニシアサエ)  桂木久子
赤塚真人 (Makoto Akatsuka)  東浦鶴太夫
二階堂智 (ニカイドウサトシ)  諸戸文雄
井川比佐志 (Hisashi Igawa)  小椋半造
串田和美 (クシダカズヨシ)  座長
北村和夫 (Kazuo Kitamura)  村長
高橋平 (タカハシタイラ)  少年半次
大島空良 (オオシマソラ)  少年雪夫
兼尾瑞穂 (カネオミズホ)  少女歌子

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!