映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ブレス

  • R-15

極彩色に彩られた四季が印象的な、キム・ギドク監督作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

死刑囚のチャンは、キリで喉を突いて自殺未遂を図り、声を失った。彼は残されたわずかな時間にまったく未練はなかった。夫と幼い娘と優福に暮らす主婦のヨンは、ある日夫の浮気を知る。まったく悪びれる様子のない夫に怒りを覚えた彼女は、偶然テレビのニュースで知った、死刑囚チャンの自殺未遂に不思議な同情を覚え、彼に会うために刑務所に向かった。チャンの昔の恋人だと偽り面会を果たしたヨンは、次第に彼に惹かれていき…。



■解説

韓国の異才、キム・ギドク監督の第14作となる本作は、初めて海外からスターを招いて撮られた1本だ。主人公チャン・ジンを演じるのは台湾出身の実力派チャン・チェン(『2046』『呉清源 極みの棋譜』などに出演)。声を失ったという設定ゆえセリフはまったくないが、仕草と表情で死を待つばかりの死刑囚という難役を見事に演じ切っている。『コーストガード』『春夏秋冬そして春』に続きギドクとは3本目となるチアの、狂気ともとれる行動にでるエキセントリックな演技も忘れ難い。真っ白で殺風景な刑務所の面会室が、主婦ヨンからの“プレゼント”で四季折々の極彩色に変化していく美術の見事さなど、キム・ギドクの世界観を満喫できる作品だ。

  • 2008年5月3日 より シネマート六本木ほか全国にて順次公開

  • 配給:エスピーオー
  • 製作国:韓国(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 キム・ギドク (Kim Ki-duk)
脚本 キム・ギドク (Kim Ki-duk)
エクゼクティブ・プロデューサー キム・ギドク (Kim Ki-duk) キム・ドフン (Kim Do Hoon)
プロデューサー キム・ギドク (Kim Ki-duk)
共同プロデューサー ソン・ミンチョル (Song Min-Cheol) ソ・ヨンジュ (Seo Yeong-ju)
撮影 ソン・ジョンム (Song Jong-moo)
美術 ファン・インジュン (Hwang In-Jun)
音楽 キム・ミョンジョン (Kim Min-Jung)
照明 カン・ヨンチャン (Kang Youn-chang)
編集 ワン・スアン (Wang Xuan)
衣装 イ・ダニョン
メイクアップ イ・ダニョン
日本語字幕 根本理恵 (Rie Nemoto)

■キャスト

俳優名 役名
チャン・チェン (Chang Chen)  Jang Jin
パク・チア (Park Jee-ah)  Yeon
ハ・ジョンウ (Ha Jeong-Woo)  Husband
カン・イニョン (Kang In-Hyung)  Young Prisoners
キム・ギドク (Kim Ki-duk) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!