映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Sweet Rain 死神の精度

生き方はお任せします。最期はお任せ下さい。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひょんなことから音楽プロデューサーが彼女の声に惚れ込み、歌手にならないかとスカウトされる。一恵の将来を期待し、死神は死を「見送り」にする。



■解説

若者に支持されている伊坂幸太郎の「死神の精度」が映画化。不慮の死を遂げる事になっている人間の前に現れ、観察期間の後、死か生かを決める役目の死神が、音楽の才能がある女性を「見送り」にした事から、様々な人の運命が少しずつ変わっていく。本作の“死神”は、スーツ姿でいつも犬を連れていて、音楽が大好き。死神より天使に近いかも。雲の上から人間世界を見下ろすシーンは、『ベルリン 天使の詩』を彷彿とさせる。主演は、『傷だらけの男たち』の金城武、『UDON』ほか、ドラマでも活躍中の小西真奈美、『フラガール』の富司純子、『グミ・チョコレート・パイン』などの若手実力派、石田卓也など。監督は、『美女缶』の筧昌也。

  • 2008年3月22日 より 丸の内プラゼールほか全国にて

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:日本(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 筧昌也 (カケヒマサヤ)
脚本 小林弘利 (コバヤシヒロトシ) 筧昌也 (カケヒマサヤ)
原作 伊坂幸太郎 (イサカコウタロウ)
エグゼクティブプロデューサー 奥田誠治 (オクダセイジ) 阿部秀司 (アベシュウジ)
プロデューサー 堀部徹 (ホリベトオル) 神蔵克 (カミクラカツ) 倉田貴也 (クラタタカヤ)
撮影 柴主高秀 (シバヌシタカヒデ)
美術 清水剛 (シミズツヨシ)
音楽 ゲイリー芦屋 (ゲイリーアシヤ)
録音 藤本賢一 (フジモトケンイチ)
音響効果 岡瀬晶彦
照明 蒔苗友一郎 (マカナエユウイチロウ)
編集 伊藤伸行 (イトウノブユキ)
スタイリスト 伊賀大介 (イガダイスケ)
キャスティング 明石直弓 (アカシナオミ)
アソシエイトプロデューサー 小出真佐樹 (コイデマサキ)
ラインプロデューサー 石田和義 (イシダカズヨシ) 小島伸也
制作担当 角田隆 (ツノダタカシ)
助監督 吉田亮 (ヨシダリョウ)
スクリプター 皆川悦子 (ミナガワエツコ)
特機 奥田悟 (オクダサトル)
装飾 秋田谷宣博 (アキタヤノブヒロ)
VFXプロデューサー 石井教雄 (イシイノリオ)
スチール 加藤義一

■キャスト

俳優名 役名
金城武 (Takeshi Kaneshiro)  死神・千葉
小西真奈美 (Konishi Manami)  藤木一恵 27歳
富司純子 (Sumiko Fuji)  かずえ 70歳
光石研 (Ken Mitsuishi)  藤田敏之
石田卓也 (Takuya Ishida)  阿久津伸二
村上淳 (Jun Murakami)  青山
奥田恵梨華 (オクダエリカ)  竹子
吹越満 (Mitsuru Fukikoshi)  大町健太郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!