映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 告発のとき

  • PG-12

アカデミー賞受賞監督ポール・ハギスの新作は、失踪した息子を捜す父親を通してイラク戦争を問う問題作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2004年、ハンクの元に息子のマイクが軍から姿を消したと連絡が入る。イラクから戻ったマイクが基地へ戻らないというのだ。ハンクも引退した元軍人だった。息子の行動に疑問を持ったハンクは基地のある町へと向かう。帰国している同じ隊の仲間たちに聞いても、皆マイクの行方を知らなかった。やがてマイクの焼死体が発見されたという連絡が入る。ハンクは地元警察の女刑事エミリーの協力を得て、事件の真相を探ろうとするが…。



■解説

初監督作品『クラッシュ』でアカデミー作品賞を受賞したポール・ハギスだが、その前年には『ミリオンダラー・ベイビー』で脚本賞を受賞している実力派。その後も『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』などの脚本を書き上げている。本作は、息子を失った父親が真実を探っていくというミステリー仕立てだが、他のハギス作品同様に派手さを廃した重厚な人間ドラマになっている。物語がラストに近づいた時、我々はこの物語が単なる謎解きではなく、重々しいテーマを含んだものであることを知るのだ。そしてそれは主人公ハンクの、今までの価値観をくつがえす結末であることも。父親ハンクを演じるトミー・リー・ジョーンズの演技がすばらしい。

  • 2008年6月28日 より 有楽座ほか全国東宝系にて

  • 配給:ムービーアイ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ポール・ハギス (Paul Haggis)
脚本 ポール・ハギス (Paul Haggis)
製作総指揮 スタン・ヴロドコウスキー (Stan Wlodkowski) デヴィッド・ギャレット (David Garrett) エリック・フェイグ (Erik Feig) ジェームズ・A・ホルト (James A. Holt) エミリオ・ディエス・バロッソ (Emilio Diez Barroso)
プロデューサー ポール・ハギス (Paul Haggis) パトリック・ワックスバーガー (Patrick Wachsberger) スティーヴン・サミュエルズ (Steven Samuels) ダーレーン・カマーノ・ロケット (Darlene Caamano Loquet) ローレンンス・ベクシー (Laurence Becsey)
撮影監督 ロジャー・ディーキンス (Roger Deakins)
プロダクション・デザイン ローレンス・ベネット (Laurence Bennett)
音楽 マーク・アイシャム (Mark Isham)
編集 ジョー・フランシス (Jo Francis)
衣装デザイン リサ・ジェンセン (Lisa Jensen)
音楽編集 マーク・アイシャム (Mark Isham)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
トミー・リー・ジョーンズ (Tommy Lee Jones)  Hank Deerfield
シャーリーズ・セロン (Charlize Theron)  Emily Sanders
スーザン・サランドン (Susan Sarandon)  Joan Deerfield
ジェームズ・フランコ (James Franco)  Sergeant Carnelli
ジョナサン・タッカー (Jonathan Tucker)  Mike Deerfield
フランシス・フィッシャー (Francis Fisher)  Evie
ジェイソン・パトリック (Jason Patric)  Lt. Kirklander
ジョシュ・ブローリン (Josh Brolin)  Chief Buchwald
ヴェス・チャサム (Wes Chatham)  Corporal Penning
ジェイク・マクラフリン (Jake McLaughlin)  Specialist Gordon Bonner
メカッド・ブルックス (Mehcad Brooks)  Specialist Ennis Long
ヴィクトール・ウルフ (Victor Wolf)  Private Robert Ortiez

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!