映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アメリカを売った男

犯罪に手を染めた捜査官と、それを追う捜査官の心理戦。実際に起きたアメリカ史上最大の機密漏えい事件を映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

FBI訓練捜査官オニールは新しく創設される部署「情報管理部」で、定年間近のハンセン特別捜査官を密かに監視するように命令を受ける。無愛想なハンセンだが、オニールは次第にその信頼を経て家族ぐるみで付き合うように。しかし、ハンセンにはなんら怪しいところはなかった。疑問に思ったオニールは上司を問い詰るが、そこで明かされたのは、ハンセンが20年以上にわたってKGBに国家機密を漏らしていたという事実だった。



■解説

FBI捜査官ロバート・ハンセンが逮捕されたのは2001年2月。ハンセンは20年以上にわたり、FBIやCIAなど国家の安全保障に関わる重要な機密をソ連、ロシアに漏らし続けていた。本作はそのハンセンが逮捕されるまでの最後の二ヶ月を、昇進に燃える若き訓練捜査官の目を通して描く。人を騙すことに後ろめたさを感じ、仕事に疑問を持つ主人公を『父親たちの星条旗』のライアン・フィリップが好演。そして用心深く、人に心を開かないハンセンを、実力派俳優クリス・クーパーが圧倒的な存在感で演じている。事件は終わるが、いったい何が動機だったのか。主人公が最後まで理解できなかったように、ハンセンが抱える大きな心の闇がそこにあるのだろう。

  • 2008年3月8日 より シャンテ・シネほか全国にて

  • 配給:プレシディオ
  • 製作国:アメリカ(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ビリー・レイ (Billy Ray)
脚本 ビリー・レイ (Billy Ray)
製作 スコット・クルーフ (Scott Kroopf)
撮影 タク・フジモト (Tak Fujimoto)
プロダクション・デザイン ウィン・トーマス (Wynn Thomas)
音楽 マイケル・ダナ (Mychael Danna)
編集 ジェフリー・フォード (Jeffrey Ford)
衣装 ルイス・セキュエラ (Luis Sequeira)
特別顧問 エリック・オニール (Eric O'neill)

■キャスト

俳優名 役名
クリス・クーパー (Chris Cooper)  Robert Hanssen
ライアン・フィリップ (Ryan Phillippe)  Eric O'Neill
ローラ・リニー (Laura Linney)  Kate Burroughs
デニス・ヘイスバート (Dennis Haysbert)  Dean Plesac
キャロリーヌ・ダヴェルナス (Caroline Dhavernas)  Juliana O'Neill
キャスリーン・クインラン (Kathleen Quinlan)  Bonnie Hanssen

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!