映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 茶々 −天涯の貴妃(おんな)−

女は、負ける戦をしてはならぬもの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

織田信長の妹、お市と浅井長政の娘、茶々、はつ、小督。長政が信長に攻め殺され、お市が自害すると、三姉妹は羽柴秀吉の囚われ人として暮らすことに。はつ、小督が嫁ぎ、1人になった茶々に、関白となった秀吉の世継ぎを生むため、側室になるよう申し立てが来る。両親を死に追いやった憎い秀吉だったが、「側にいるということは、殺すことも出来る」と、話を請ける。秀吉の望みどおり、嫡男を儲ける茶々だったが…。



■解説

井上靖の名著「淀どの日記」を、豪華賢覧なエンターテイメント絵巻として映画化。父の仇と思いながら秀吉の側室として世継ぎを生み育てた茶々を通して、戦乱の時代を生きた女性を描く。戦国時代を再現するために使用された美術が見事。現在京都市が所有している伏見桃山城を、総工費1億円かけて大阪城として改装。歴史に生きる女性茶々を、生き生きと現代に甦られせている。茶々を演じるのは、元宝塚宙組のトップスターでこれが映画初出演、初主演となる和央ようか。男役時代に培った凛とした風格で、女帝茶々を見事に演じ上げている。共演は、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子、渡部篤郎、中村獅童ら。監督は『極道の妻たち 情炎』の橋本一。

  • 2007年12月22日 より 丸の内TOEI1ほか全国にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 橋本一 (ハシモトハジメ)
脚本 高田宏治 (タカダコウジ)
原作 井上靖 (イノウエヤスシ)
企画 坂上順 (サカガミスナオ)
音楽 海田庄吾 (カイダショウゴ)
主題歌 Sowelu (ソエル)
特別出演 松方弘樹 (Hiroki Matsukata)

■キャスト

俳優名 役名
和央ようか (ワオヨウカ)  茶々
寺島しのぶ (Shinobu Terajima)  小督
富田靖子 (Yasuko Tomita)  はつ
高島礼子 (Takashima Reiko)  大蔵卿局
余貴美子 (Kimiko Yo)  北政所
原田美枝子 (Mieko Harada)  お市の方
吉野公佳 (ヨシノキミカ)  おまあ
平岳大 (ヒラタケヒロ)  後藤基次
中丸新将 (Shinsho Nakamura)  長曽我部盛親
高橋長英 (Choei Takahashi)  前田玄以
近藤公園 (コンドウコウエン)  大野治長
中林大樹 (ナカバヤシタイキ)  豊臣秀頼
黄川田将也 (Masaya Kikawada)  真田幸村
メイサツキ (メイサツキ)  きく
谷村美月 (Tanimura Mitsuki)  千姫
松重豊 (Yutaka Matsushige)  本田佐渡守
中村獅童 (Shido Nakamura)  徳川家康
渡部篤郎 (Atsuro Watabe)  豊臣秀吉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!