映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • グミ・チョコレート・パイン

俺たちにも何かが出来るはず!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高校2年生の賢三は、アンダーグラウンドなロックが好きな音楽少年。他のクラスメートを低俗な奴らと嘲り、「オレはアイツらとは違う」と思いながら、何をしていいか分からず、毎夜、親友二人と酒を飲んでは悶々と過ごしていた。ある日、薄暗い名画座で同じクラスの美甘子と会う。秘かに彼女に憧れていた賢三は、美甘子が自分と同じ側の人間であることを知る。自分の中で何かが変わった賢三は、親友二人とバンドを組むことに…。



■解説

大槻ケンヂ原作の同名の小説を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが映画化。アングラなロックと映画に傾倒することをアイデンティティとしている少年たちの、恋とバンドに試行錯誤する青春ストーリー。映画、音楽ファンなら主人公と同じ気持ちが分け合える人が多いのでは?特に、80年代に青春時代を過ごし「自分は人とは違う」と息巻いたのに、平凡な人間に落ち着いてしまったと思っている人なら、心に熱いものを感じるだろう。主演は石田卓也、黒川芽衣、柄本佑ら。柄本佑のオタク少年ぶりは見事。地味だかその他、高橋ひとみ、山崎一、犬山イヌコ、竹中直人ら一癖もふた癖もある俳優が脇を固め、若手実力派を囲んで楽しそうに毒を吐いている。

  • 2007年12月22日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:東京テアトル
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • Music/ミュージカル
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ (ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ (ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
原作 大槻ケンヂ (オオツキケンヂ)
製作総指揮 谷口則之 (タニグチノリユキ)
エグゼクティブプロデューサー 小木曽仁 伊藤泰造 (イトウタイゾウ)
企画 吉村知範 (ヨシムラトモノリ)
プロデューサー 岩下英雄 (イワシタヒデオ) 李柱勲 杉山剛 (スギヤマツヨシ)
撮影 小澤公則 (オザワキミノリ)
美術 長谷川晃子 (ハセガワアキコ)
音楽 ゲイリー芦屋 (ゲイリーアシヤ)
テーマ曲 電気グルーヴ (デンキグルーヴ)
録音 中村雅光 (ナカムラマサミツ)
照明 大賀章雄 (オオガアキオ)
編集 斉藤和彦 (サイトウカズヒコ)
VE 角本輝夫 (ツノモトテルオ)
制作担当 大沢忠生 (オオサワタダオ)
助監督 窪田祐介 (クボタユウスケ)
装飾 尾関龍生

■キャスト

俳優名 役名
石田卓也 (Takuya Ishida)  大橋賢三
黒川芽以 (Kurokawa Mei)  山口美甘子
柄本佑 (Tasuku Emoto)  山之上和豊
金井勇太 (Yuta Kanai)  タクオ/小久保多久夫
森岡龍 (モリオカリュウ)  カワボン/川本良也
高橋ひとみ (Hitomi Takahashi)  賢三の母
山崎一 (Hajime Yamazaki)  賢三の父
犬山イヌコ (イヌヤマイヌコ)  ノイズバンド「自分BOX」のVo.ジャイガー
山西惇 (ヤマニシアツシ)  ノイズバンド「自分BOX」のG.バイラス
みのすけ   隣のアパートに住むものすごい形相の男
峯村リエ (ミネムラリエ)  タクオの母
浅野和之 (Kazuyuki Asano)  タクオの父
中越典子 (Noriko Nakagoshi)  タクオが想いを寄せる女教師
竹中直人 (Naoto Takenaka)  楽器屋
鈴木慶一 (スズキケイイチ)  カメラ屋
田中哲司 (Tetsushi Tanaka)  レコード店店員
林和義 (ハヤシカズヨシ)  巡査
山本剛史 (ヤマモトツヨシ)  理科教師
内田春菊 (ウチダシュンギク)  窓口の女
ピエール瀧 (ピエールタキ)  丹波風の男
峯田和伸 (ミネダカズノブ)  AV男優
マギー (マギー)  2007年のカワボン
甲本雅裕 (Masahiro Komoto)  2007年のタクオ
大森南朋 (Nao Omori)  2007年の賢三

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!