映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハーフェズ ペルシャの詩(うた)

引き離された運命の恋人たちの物語。麻生久美子、初海外進出作品。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

青年シャムセディンは、コーランを諳んじている者だけに与えられる称号「ハーフェズ」を受けたことから、“ハーフェズ”と呼ばれるようになる。彼は高名な宗教家モフティ師の娘ナバートにコーランを教えることになるが、やがてコーランや詩を詠み交わすうちに、二人は恋に落ちてしまう。しかしそのことでハーフェズは称号を剥奪され、住む家も失う。ナバートは父の決めた男と結婚させられるが…。



■解説

現代イランの過酷な状況に生きる子どもたちを描き、その作品のほぼすべてがイラン国内で上映禁止というアボルファズル・ジャリリ監督作品。今回、主人公は子どもではなく許されぬ恋に生きる若い男女。タイトルの「ハーフェズ」だが、本作では14世紀の古典詩人ではなく、コーランを暗唱できる者の尊称を指している。しかし主人公の名であるシャムセディンは古典詩人ハーフェズの本名であり、彼がハーフェズの詩を幾度となく詠む事からも、古典詩人の現代的な解釈なのだろう。愛に生きる若者たちに対比するように、それを縛り付ける宗教や因習が描かれている。ヒロイン、ナバートに日本人女優・麻生久美子が扮しているのも話題。

  • 2008年1月19日 より 東京都写真美術館にて

  • 配給:ビターズ・エンド
  • 製作国:イラン=日本(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
脚本 アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
プロデューサー 定井勇二 (サダイユウジ) アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
撮影 アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
セット・デザイナー アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
音楽 ヤンチェン・ラモ (Yungchen Lhamo) アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
録音 メールダド・ダドガリ (Mehrdad Dadgari)
整音 マスード・ベーナム (Masud Behnam) ホセイン・アボルセデグ (Hosseyn Abolsedgh)
編集 アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
衣装デザイン アボルファズル・ジャリリ (Abolfazl Jalili)
コーディネーター ショーレ・ゴルパリアン (Shohreh Golparian)

■キャスト

俳優名 役名
メヒディ・モラディ (Mehdi Moradi)  ハーフェズ
麻生久美子 (Aso Kumiko)  ナバート
メヒディ・ネガーバン (Mehdi Negahban)  シャムセディン
ハミード・ヘダヤティ (Hamide Hedayati)  モフティ
アブドッラー・シャマシー (Abdollah Shamasi)  ジョルジャニ
ミカイール・シャレスタニー (Mikaeel Shahrestani)  祈祷師

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!