映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • やじきた道中 てれすこ

弥次喜多コンビと売れっ子花魁が旅に出た。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

時は太平。大阪で“てれすこ”と呼ばれる不思議な生物が捕獲され、人々の話題を集めていた。その頃、江戸、品川の遊郭「島崎」では、売れっ子花魁(おいらん)のお喜乃が、新粉細工職人の弥次さんに、本物そっくりの指を粉で作らせて、お客に「想いの深さを表す切り指」と偽って渡し、金をせしめていた。そんな中お喜乃は、沼津にいる病気の父に会うため、遊郭を抜け出し、一緒に逃げて欲しいと涙ながらに弥次さんに頼む。



■解説

「東海道中膝栗毛」でお馴染みの、弥次さん、喜多さんの物語に、落語の人気演目「てれすこ」を取り入れた人情喜劇。花魁・お喜乃の手玉に取られた弥次さんが、喜多さんと三人で沼津まで下る珍道中だ。監督は、『愛を乞うひと』の平山秀行。平山監督は、『しゃべれどもしゃべれども』でも、落語を素材にしているが、「落語を取り入れた正統派の時代劇、王道の映画を作りたかった」とインタビューで語っている。主演は中村勘三郎、柄本明の芸達者な弥次・喜多コンビに、花魁役の小泉今日子。『転々』などで、本領を発揮し始めた小泉今日子だが、本作の花魁では女優として見事に開花。勘三郎、柄本の二人に引けをとらない演技を見せている。

  • 2007年11月10日 より 丸の内ピカデリー2ほか全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
    • |
    • コメディ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 平山秀幸 (Hideyuki Hirayama)
脚本 安倍照雄 (アベテルオ)
企画協力 田中亨
製作 佐々木史朗 (ササキシロウ) 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 皇達也 (スメラギタツヤ)
プロデューサー 渡辺敦 (ワタナベアツシ) 久保田傑 (クボタスグル) 佐生哲雄
撮影 柴崎幸三 (シバザキコウゾウ)
美術 中澤克巳 (ナカザワカツミ) 中山慎
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ)
照明 上田なりゆき (ウエダナリユキ)
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)
衣裳 竹林正人
アソシエイトプロデューサー 河野聡 (カワノサトシ) 上山公一 仲吉治人 駒崎桂子
アシスタントプロデューサー 坂巻美千代
制作担当 宿崎恵造 (ヤドザキケイゾウ)
監督補 蝶野博 (チョウノヒロシ)
助監督 山本透 (ヤマモトトオル)
スクリプター 近藤真智子 (コンドウマチコ)
視覚効果 橋本満明 (ハシモトミツアキ)
俳優担当 寺野伊佐雄
スチール 鈴木さゆり (スズキサユリ)

■キャスト

俳優名 役名
十八代目中村勘三郎 (Kanzaburo Nakamura XVIII)  弥次郎兵衛
柄本明 (Akira Emoto)  喜多八
小泉今日子 (Koizumi Kyoko)  お喜乃
ラサール石井 (ラサールイシイ)  梅八
麿赤兒 (Akaji Maro) 
波乃久里子 (ナミノクリコ) 
松重豊 (Yutaka Matsushige)  地廻りの太十
山本浩司 (ヤマモトヒロシ)  地廻りの甚八
ベンガル (Bengaru) 
初代坂東彌十郎 (バンドウヤジュウロウ) 
六平直政 (Naomasa Musaka) 
諏訪太朗 (スワタロウ) 
綾田俊樹 (アヤタトシキ) 
星野亜希 (ホシノアキ) 
大寶智子 (オオタカラトモコ) 
三浦誠己 (ミウラマサキ) 
ささの貴斗 (ササノタカト) 
柳家三三 (ヤナギヤサンザ) 
建蔵 (ケンゾウ) 
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru) 
佐藤正宏 (サトウマサヒロ) 
左右田一平 (ソウダイッペイ) 
吉川晃司 (キッカワコウジ) 
鈴木蘭々 (スズキランラン) 
淡路恵子 (Awaji Keiko)  おさん
笑福亭松之助 (ショウフクテイマツノスケ)  与兵衛
南方英二 (ミナカタエイジ) 
間寛平 (ハザマカンペイ)  奉行
藤山直美 (Fujiyama Naomi)  お仙
國村隼 (Jun Kunimura)  代貸
笹野高史 (Takashi Sasano)  お喜乃の父 杢兵衛

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!