映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 東京裁判

  • 公開中

戦後日本の原点たる記録が、令和に蘇る

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

第二次世界大戦を終結させるべく、1945年7月26日に「ポツダム宣言」が発表された。日本は対応に窮しているうちに、アメリカは8月6日に広島、9日に長崎と原子爆弾を投下する。さらにソ連が9日、日ソ中立条約を破って樺太に侵攻してきた。ついに日本はポツダム宣言を受諾。8月15日、天皇の声で国民に公表した。戦後の日本を統治する事になった連合国軍最高司令官マッカーサー元帥は、「戦争犯罪人の処罰」を早急に実施する事を命じる。



■解説

名作『切腹』を手掛けた小林正樹監督が、極東軍事裁判の記録を膨大な映像の中から4時間37分にまとめあげた渾身の歴史的ドキュメンタリー。1983年6月に公開された本作が、監督補佐と脚本を担当した小笠原清らの監修のもとで修復された、4Kデジタルリマスター版として2019年に劇場公開。小林監督といえば、『人間の條件』六部作や『日本の青春』などを手掛け、反戦を訴え続けた“反骨”の名匠。アメリカ国防総省が撮影していた50万フィートに及ぶ膨大な裁判記録のフィルムを5年の歳月をかけて吟味し、さらに国内外のニュース映像なども調査して素材をピックアップ。客観的視点と多角的分析まで施しながら脚本を練るという気の遠くなるような作業を経て完成させた一本。

  • 2019年8月3日 より ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:太秦
  • 製作国:日本(1983)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
    • |
    • 戦争
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 小林正樹 (Masaki Kobayashi)
脚本 小林正樹 (Masaki Kobayashi) 小笠原清 (オガサワラキヨシ)
原案 稲垣俊 (イナガキシュン)
総プロデューサー 須藤博 (スドウヒロシ)
プロデューサー 荒木正也 (アラキマサヤ) 安武龍 (ヤスタケリュウ)
資料撮影 奥村祐治 (オクムラユウジ)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 西崎英雄 (ニシザキヒデオ)
音響効果 本間明 (ホンマアキラ)
編集 浦岡敬一 (Keiichi Uraoka)
監督補佐 小笠原清 (オガサワラキヨシ)
助監督 戸井田克彦
資料監修 細谷千博 安藤仁介
スーパーインポーズ 山崎剛太郎 (Gotaro Yamazaki)
ナレーター 佐藤慶 (Kei Sato)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!