映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 人が人を愛することのどうしようもなさ

  • R-18

鬼才・石井隆の強烈なエロスと映像世界に、女優・喜多嶋舞が肉体と魂をさらけ出した!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

人気女優として活躍する土屋名美。だが私生活では、同じく俳優の夫・洋介と破局の危機を迎えていた。多忙を極める名美を横目に、下り坂の洋介は若い女優と浮気。その荒んだ生活は、長いすれ違いで心身ともに蝕まれていた名美をさらに追い詰めていった。現在撮影中の新作では、夫・洋介が名美演じるヒロインの夫役として共演。しかも、洋介の浮気相手の女優まで出演というスキャンダラスなキャスティングがマスコミの注目を集める。そんな中、ひとりの編集者・葛城が名美にインタビューを試みる。主人公と自分を重ねるかのように葛城に映画の解説をする名美。だがそこには…。やがて誰もが想像しなかった衝撃の結末が訪れる。



■解説

『花と蛇』から2年。日本映画界の異端児・石井隆監督の待望の新作は、『天使のはらわた』以来描き続けてきた“名美”シリーズのまさに頂点に立とうかという、ねじれた男女の愛憎劇。石井ワールド究極のヒロイン・名美の継承者として指名を受けたのは『GONIN2』の女優・喜多嶋舞。都会の闇と男の欲望にまみれ、どこまでも落ちていく女…。これまで石井隆が描いてきた“名美”の世界は、喜多嶋舞の出現によりさらに凄絶なものとなっていく。(作品資料より)

  • 2007年9月8日 より 銀座シネパトスほか全国にて

  • 配給:東映ビデオ
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 石井隆 (Takashi Ishii)
脚本 石井隆 (Takashi Ishii)
企画 石井徹 (イシイトオル) 松田仁 (マツダヒトシ)
製作担当 小松功 (コマツイサオ)
プロデューサー 阿知波孝 (アチハタカシ)
撮影 佐々木原保志 (ササキハラヤスシ) 寺田緑郎 (テラダロクロウ)
美術 山崎輝 (ヤマザキヒカル)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
録音 北村峰晴 (キタムラミネハル)
照明 牛場賢二
編集 村山勇二 (ムラヤマユウジ)
助監督 日暮英典 (ヒグラシヒデノリ)

■キャスト

俳優名 役名
喜多嶋舞 (キタジママイ)  土屋名美
津田寛治 (Kanji Tsuda)  岡野
永島敏行 (Toshiyuki Nagashima)  土屋洋介
美景 (ミカゲ)  小谷純子
伊藤洋三郎 (イトウヨウザブロウ)  小倉章一
山口祥行 (Yoshiyuki Yamaguchi)  村木
中山俊 (ナカヤマシュン)  野口
城明男   山上
志水季里子 (シミズキリコ)  小倉の妻
品川徹 (Toru Shinagawa)  大村
竹中直人 (Naoto Takenaka)  葛城

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!