映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 怪談('64)

小泉八雲の“怪談”より和解(黒髪)、雪女、耳無抱一、茶碗の中の話、を「甘い汗」の水木洋子が脚色「切腹」の小林正樹が監督した文芸もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

〔黒髪〕昔京都で生活に苦しんでいた武士が、貧乏に疲れ、仕官の道を捨てきれずに、妻を捨てて、遠い任地へ向った。第二の妻は、家柄、財産に恵まれていたが、我侭で冷酷な女であった。男は今更のように別れた妻を慕い、愛情の価値を知ったのだが…。〔雪女〕武蔵国の若い樵夫巳之吉は、茂作老人と森へ薪をとりに入り、吹雪に出会って、山小屋に閉じこめられた。その夜、若者は、老人が雪女に白い息を吹きかけられて殺されたのを目撃したが、巳之吉は「誰にも今夜のことを話さないように。話したら必ず殺す」と言われ助けられた。三十近くなった巳之吉は…。〔耳無抱一の話〕西海の波に沈んだ平家一門の供養のために建てられた赤間ケ原に、抱一という琵琶の名人がいた。夜になると、寺を抜け出し、朝ぐったりして帰って来る抱一を、不審に思った同輩が、秘に後をつけると抱一は、平家一門の墓前で恍惚として平家物語を弾じていた。



■解説

小泉八雲の“怪談”より和解(黒髪)、雪女、耳無抱一、茶碗の中の話、を「甘い汗」の水木洋子が脚色「切腹」の小林正樹が監督した文芸もの。撮影もコンビの宮島義男。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1964)
    • ジャンル:
    • ホラー

■スタッフ

監督 小林正樹 (Masaki Kobayashi)
脚色 水木洋子 (ミズキヨウコ)
原作 小泉八雲 (コイズミヤクモ)
製作 若槻繁
撮影 宮島義勇 (ミヤジマヨシオ)
美術 戸田重昌 (Shigemasa Toda)
背景 西田真
装飾 荒川大 (Masaru Arakawa)
音楽音響 武満徹 (Toru Takemistu) 秋山邦晴 (アキヤマクニハル) 奥山重之助 (オクヤマ) 鈴木明
録音 西崎英雄 (ニシザキヒデオ)
照明 青松明 (アオマツアキラ)
編集 相良久 (サガラヒサシ)
衣裳 加藤昌廣 (Masahiro Kato)
美粧 高木茂
結髪 桜井文子 (Fumiko Sakurai)
製作主任 高島道吉 (タカシマミチヨシ)
助監督 吉田剛
記録 吉田栄子 (ヨシダエイコ)
スチル 吉岡康弘 (ヨシオカヤスヒロ)
出演(声) 滝沢修 (Osamu Takizawa)
製作協力 内山義重
題字 勅使河原蒼風 (Sofu Teshigahara)
タイトルデザイン 粟津潔 (アワヅキヨシ)

■キャスト

俳優名 役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)  武士
新珠三千代 (Aratama Michiyo) 
渡辺美佐子 (Watanabe Misako)  第二の妻
岸惠子 (Keiko Kishi)  雪女
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)  巳之吉
岸惠子 (Keiko Kishi)  妻お雪
望月優子 (モチヅキユウコ) 
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)  耳無抱一
志村喬 (シムラタカシ)  住職
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  甲冑の武士
岸田今日子 (Kyoko Kishida)  上ろう
中村翫右衛門 (ナカムラカンエモン)  武士関内
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)  老爺
杉村春子 (スギムラハルコ)  おかみさん
二代目中村鴈治郎 (ナカムラガンジロウ)  出版元
仲谷昇 (ナカヤノボル)  式部平内

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!