映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • それから('85)

明治後期の東京を舞台に、親友の妻への愛に悩む主人公の姿を描く。夏目漱石の同名小説の映画化。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治後期の東京。長井代助は、三十歳になってもあえて定職を持たず、本を読んだり界隈を散歩したり、毎日を気ままに送る思索者である。しかし生活に困ることはない。父・得は大実業家で、兄・誠吾がその事業を継いでおり、次男の代助に多大な援助を与えていたからだ。おかげで、代助は別宅を構え、老婢と門野という書生を置いていた。父や兄は、そんな代助に、早く身を固めろと説き、しきりに縁談を持ち込んだが、その都度、何らかの理由をつけてはそれを拒んできた。そんな代助を、兄嫁の梅子や子供たちの縫と誠太郎が好ましい視線で見ていた。ある朝、代助に、親友・平岡常次郎からの便りが届いた…。



■解説

脚本は「ヘッドフォン・ララバイ」の筒井ともみ、監督は「メイン・テーマ」の森田芳光、撮影は「お葬式」の前田米造がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1985)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森田芳光 (Yoshimitsu Morita)
脚本 筒井ともみ (ツツイトモミ)
原作 夏目漱石 (ナツメソウセキ)
企画 サンダンス・カンパニー
プロデューサー 黒澤満 (クロサワミツル) 藤峰貞利 (フジミネサダトシ)
撮影 前田米造 (マエダヨネゾウ)
美術 今村力 (イマムラツトム)
音楽 梅林茂 (Shigeru Umebayashi)
音楽プロデューサー 石川光 (イシカワコウ)
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ) 宮本久幸 (ミヤモトヒサユキ)
照明 矢部一男 (ヤベカズオ)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
衣裳コーディネーション 北村道子 (キタムラミチコ)
助監督 原隆仁 (ハラタカヒト)
スチール 目黒祐司 (メグロユウジ)

■キャスト

俳優名 役名
松田優作 (Yusaku Matsuda)  長井代助
藤谷美和子 (フジタニミワコ)  平岡三千代
小林薫 (Kaoru Kobayashi)  平岡常次郎
笠智衆 (Ryu Chishu)  長井得
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)  長井誠吾
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)  長井梅子
風間杜夫 (Morio Kazama)  菅沼(三千代の兄)
美保純 (Miho Jun)  佐川の令嬢
森尾由美 (モリオユミ)  長井縫
イッセー尾形 (イッセーオガタ)  寺尾
羽賀研二 (ハガケンジ)  門野
川上麻衣子 (カワカミマイコ)  神楽坂の芸者・小染
遠藤京子 (エンドウキョウコ)  神楽坂の芸者・久米香
泉じゅん (イズミジュン)  女郎
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  賄い婆さん

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!