映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 陸に上った軍艦

日本映画界の最高年齢監督・新藤兼人が体験した戦争とは?証言と再現ドラマでつづる苛酷な軍隊生活

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1944年の春、シナリオライターだった32歳の新藤のもとに召集令状が届く。新藤は宝塚の海軍航空隊に配属されるが、すでにそこには軍艦はなく、終戦まで新藤は海に出ることもなかった。一人前の社会人として暮してきた者たちに18歳の兵長がビンタをくらわせ、想像を絶するような暴力が日常的に続く。それが軍隊の世界だった。殴られ続ける毎日。そしてようやく8月15日がやってきた。



■解説

『午後の遺言状』など、長年にわたり日本映画界で活躍し、名作を生んできた名匠・新藤兼人。長年、新藤の助監督として参加してきた山本保博が、映画監督としてのデビュー作に選んだのが、その新藤が自らの軍隊生活を描いた「陸に上がった軍艦」だ。ただし本作は、軍隊生活の再現ドラマと、新藤本人が戦争を語るドキュメント部が交互に登場する。軍隊といってもここには勇ましい戦いはない。それは人をひたすら暴力で支配して「個人」を消し去り、命令通り動くロボットに造り替えてしまう工場だ。本作を見ると、「長いものには巻かれろ」日本人気質は、今も変わっていないことに気づく。今、もし戦争が始まっても、きっと同じことが起きるだろう。

  • 2007年7月28日 より ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:パンドラ、シネマ・ディスト
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山本保博 (ヤマモトヤスヒロ)
脚本 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
原作 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
製作 平形則安
製作担当 星野友紀 (ホシノユキ)
撮影 林雅彦 (ハヤシマサヒコ) 海老根務 (エビネツトム)
音楽 沢渡一樹 (サワタリカズキ)
録音 尾崎聡 (オザキサトシ)
音響効果 佐々木英世 (ササキヒデヨ) 朝倉三紀子 (アサクラミキコ)
照明 山下博 (ヤマシタヒロシ) 奥村誠 (オクムラマコト)
編集 渡辺行夫 (ワタナベユキオ) 増永純一 (マスナガジュンイチ) 尾崎純子 (オザキジュンコ)
衣裳 天野多恵 (アマノタエ)
助監督 中島雄一 (ナカジマユウイチ)
証言 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
海軍所作指導 太宰信明 (ダザイノブアキ)
装飾 高橋光 (タカハシヒカル) 池田亮平 (イケダリョウヘイ)
メイク 新井みどり (アライミドリ)
スチール 広瀬順子 (ヒロセジュンコ)

■キャスト

俳優名 役名
蟹江一平 (カニエイッペイ)  新藤
滝藤賢一 (タキトウケンイチ)  森川
大地泰仁   植村
加藤忍 (カトウシノブ)  森川の妻 ハナ
二木てるみ (ニキテルミ)  八重
大竹しのぶ (オオタケシノブ)  語り
三浦影虎 (ミウラカゲトラ)  山倉
鈴木雄一郎 (スズキユウイチロウ)  皆川
友松タケホ (トモマツタケホ)  佐久間
藤田正則 (フジタマサノリ)  川津
川上英四郎 (カワカミエイシロウ)  谷川
大塚祐也 (オオツカユウヤ)  町田
桜木信介 (サクラギシンスケ)  国崎
井川哲也 (イガワテツヤ)  川本甲板士官
新田亮 (ニッタリョウ)  塚本班長
若松力 (ワカマツチカラ)  吉田副班長
壇臣幸 (ダンオミユキ)  司会
池内万作 (Mansaku Ikeuchi)  士官(斬り込み作戦の将校)
ユウキロック (ユウキロック)  若い兵長
宮沢天 (ミヤザワテン)  山川
浅田圭一 (アサダケイイチ)  鶴田
森内遼 (モリウチリョウ)  野沢
中田潤 (ナカタジュン)  岸田
植村宏司 (ウエムラコウジ)  若い二水
塚本浩平 (ツカモトコウヘイ)  スタンド裏の兵
西川方啓 (ニシカワマサヒロ)  伝令
岸本啓孝 (キシモトヨシタカ)  白川少尉
宮澤寿 (ミヤザワヒサシ)  別班の兵
日之出清 (ヒノデキヨシ)  別班の兵
木戸口義隆   別班の兵
若山慎 (ワカヤマシン)  別班の兵
佐治和也 (サジカズヤ)  別班の兵
太田鷹史   別班の兵
加藤新平 (カトウシンペイ)  鳴門事件証言者
青木荘一郎   鳴門事件証言者
今井和子 (イマイカズコ)  ウメ
森脇由紀 (モリワキユキ)  山倉の妻
八木優希 (ヤギユウキ)  その娘
伊藤檜   赤ん坊
柳下季里 (ヤナシタキリ)  佐久間の妻
黒崎照 (クロサキアキ)  川津の妻

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!