映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ベクシル −2077 日本鎖国−

2077年、ハイテク鎖国した日本に、何が起こるのか?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

21世紀初頭、バイオ・テクノロジーとロボット産業の急速な発展から、日本は世界を大きくリードした。そのため、様々な危険が指摘されるようになると、国連の規制に反旗を翻し、2067年、鎖国という決断をとった。それから10年後、米国特殊部隊SWORD所属の女性兵士、ベクシルは、日本への侵入作戦を実行する。そこで、ベクシルが目にしたのは、延々と続く荒涼とした大地だった。



■解説

『ピンポン』の曽利文彦監督が手がけた、初のアニメ作品。3Dライブアニメという最先端の映像表現を採用した本作は、実写では?と見間違うくらい。特に、鎖国後の日本の想像を絶する姿は、第2次大戦後、まもなくの東京を思わせるくらい、リアルで精密だ。また、松雪泰子、黒木メイサ、谷原章介らが声優にチャレンジしているのにも注目。声優にチャレンジしたがる俳優は多いそうだが、初体験の松雪泰子は、「目の動きから感情を読み取った」とインタビューで話している。松雪本人と重なるクールで緊張感あるキャラに、見事に息を吹き込んだ。サントラも充実していて、アンダーワールド、プロディジーらが新曲、レア曲を数々提供している。

  • 2007年8月18日 より 丸の内プラゼールほか全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • アニメーション
    • |
    • SF/ファンタジー
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 曽利文彦 (ソリフミヒコ)
脚本 曽利文彦 (ソリフミヒコ) 半田はるか (ハンダハルカ)
エグゼクティブプロデューサー 濱名一哉 (ハマナカズヤ)
プロデューサー 中沢敏明 (ナカザワトシアキ) 藤原弓子 (フジムラユミコ) 高瀬一郎 (タカセイチロウ)
音楽 ポール・オークンフォールド (ポール・オークンフォールド)

■キャスト

俳優名 役名
黒木メイサ (Kuroki Meisa)  ベクシル
谷原章介 (Shosuke Tanihara)  レオン・フェイデン
松雪泰子 (Matsuyuki Yasuko)  マリア
大塚明夫 (オオツカアキオ)  サイトウ
朴ロ美 (パクロミ)  タカシ
櫻井孝宏 (サクライタカヒロ)  リョウ
森川智之 (モリカワトシユキ)  キサラギ
柿原徹也 (カキハラテツヤ)  タロウ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!