映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 憑神

災いの神様たちに振り回される下級武士の人情喜劇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

幕末。別所彦四郎は、婿養子に行った先から離縁され、兄夫婦の家に居候という、肩身の狭い思いをしていた。あるとき彦四郎は、旧友、榎本武揚と再会する。そば屋の親父が言うには、榎本が出世したのは、向島にある「三囲り(みめぐり)稲荷」にお参りしたからだという。その帰り道、酔った彦四郎は「三巡り(みめぐり)稲荷」を発見。ここぞとばかりに神頼みする彦四郎だったが、それは「みめぐり」違いで、災いを呼び寄せるお稲荷様だった…。



■解説

しがない下級武士が、祈る相手を間違えて、貧乏神、疫病神、死神に取り憑かれ、奮闘する物語。『鉄道員』の浅田次郎原作、降旗康男監督コンビによる娯楽時代劇。ニートさながらの無為な日々を送っていたものの、やがて武士として、人間として誇りを持った生き方に目覚めていく主人公を、妻夫木聡が好演。陽気な貧乏神に西田敏行、たくましい疫病神に赤井英和、そして死神とは思えないかわいらしい死神に、子役の森迫永依と、みんな神様に見えないところがユニーク。ほか、そば屋に香川照之、母親役に夏木マリ、勝海舟に江口洋介と、芸達者揃い。人間味のある神様たちや、江戸っ子たちのやりとりも丁々発止。コミカルな人情劇に仕上がっている。

  • 2007年6月23日 より 丸の内TOEI1ほか全国東映系にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
    • |
    • コメディ
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 降旗康男 (Yasuo Furuhata)
脚本 降旗康男 (Yasuo Furuhata) 小久保利己 (コクボトシキ) 土屋保文 (ツチヤヤスフミ)
原作 浅田次郎 (アサダジロウ)
企画 坂上順 (サカガミスナオ) 堀義貴 (ホリ) 信国一朗
プロデューサー 妹尾啓太 (セノオケイタ) 鈴木俊明 (スズキトシアキ) 長坂勉 (ナガサカツトム) 平野隆
協力プロデューサー 古川一博
撮影監督 木村大作 (Daisaku Kimura)
美術 松宮敏之 (マツミヤトシユキ)
音楽 めいなCo. (メイナカンパニー)
主題歌 米米クラブ (コメコメクラブ)
録音 松陰信彦
照明 杉本崇 (スギモトタカシ)
編集 園井弘一 (ソノイコウイチ)
助監督 宮村敏正 (ミヤムラトシマサ)

■キャスト

俳優名 役名
妻夫木聡 (Satoshi Tsumabuki)  別所彦四郎
夏木マリ (ナツキマリ)  別所イト
佐々木蔵之介 (Kuranosuke Sasaki)  別所左兵衛
笛木優子 (Fueki Yuko)  井上八重
鈴木砂羽 (Sawa Suzuki)  別所千代
石橋蓮司 (Renji Ishibashi) 
本田大輔 (ホンダダイスケ) 
徳井優 (Yu Tokui) 
江口洋介 (Yosuke Eguchi)  勝海舟
上田耕一 (Koichi Ueda) 
大石悟郎 (オオイシゴロウ) 
鈴木ヒロミツ (スズキヒロミツ) 
佐藤隆太 (Ryuta Sato)  小文吾
森迫永依 (モリサコエイ)  おつや(死神)
赤井英和 (Hidekazu Akai)  九頭龍(疫病神)
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  甚平
西田敏行 (Toshiyuki Nishida)  伊勢屋(貧乏神)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!