映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ザ・シューター/極大射程

  • PG-12

“掟”と“名誉”を胸に、巨大な敵を射抜く! マーク・ウォルバーグ主演のミステリー・アクション

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

元海兵隊の名狙撃手、スワガー。軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった。



■解説

2000年に「このミステリーがすごい!」の海外作品部門第1位となった、スティーブン・ハンターの小説を原作としたミステリー・アクション。欺かれた元海兵隊の名スナイパーが、自らの掟と名誉のために激しく戦う姿を描く。主人公のボブ・リー・スワガーを演じるのはマーク・ウォルバーグ。銃の名手であり、精神的にも肉体的もタフな男を、一本筋の通った力強い演技で表現。巨大な敵に立ち向かう孤高のヒーロー像を見事に作り上げた。その周囲にはベテランのダニー・グローバーや『クラッシュ』『ワールド・トレード・センター』のマイケル・ベーニャらを配置。監督はアントワーン・フークアが務めた。

  • 2007年6月1日 より 日劇3ほか全国にて

  • 配給:UIP映画
  • 製作国:アメリカ(2006)
    • ジャンル:
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アントワン・フークア (Antoine Fuqua)
脚本 ジョナサン・レムキン (Jonathan Lemkin)
原作 スティーヴン・ハンター (Stephen Hunter)
製作総指揮 エリク・ハウサム (Erik Howsam) マーク・ジョンソン (Mark Johnson)
製作 ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ (Lorenzo di Bonaventura) リック・キドニー (Ric Kidney)
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア (Peter Menzies Jr.)
美術 デニス・ワシントン (Dennis Washington)
音楽 マーク・マンシーナ (Mark Mancina)
編集 コンラッド・バフ (Conrad Buff) エリック・シアーズ (Eric Sears)
衣裳 ハー・グエン (Ha Nguyen)
軍事アドバイザー パトリック・ギャリティ (Patrick Garrity)
翻訳 岡田壯平 (Sohei Okada)

■キャスト

俳優名 役名
マーク・ウォールバーグ (Mark Wahlberg)  Bob Lee Swagger
マイケル・ペーニャ (Michael Pena)  Nick Memphis
ダニー・グローヴァー (Danny Glover)  Colonel Isaac Johnson
ケイト・マーラ (Kate Mara)  Sarah Fenn
イライアス・コティーズ (Elias Koteas)  Jack Payne
ローナ・ミトラ (Rhona Mitra)  Alourdes Galindo
ラデ・シェルベッジヤ (Rade Sherbedgia)  Michael Sandor
ネッド・ビーティ (Ned Beatty)  Senator Charles F. Meachum

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!