映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • サンシャイン 2057

全ては太陽の光を取りもどすために―ダニー・ボイル×アレックス・ガーランドによるかつてないSF映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2057年。太陽の消滅が目前に迫り、地球は滅亡の危機に瀕していた。最後の希望は宇宙船・イカロス2号に搭乗した8人のクルーたち。彼らは太陽に核兵器を打ち込むことでその再生を行うという、極限の任務を任されていた。順調に航行を続けるイカロス2号だったが、そこに突然遭難信号が送られてくる。送信元はかつて同じミッションに失敗したイカロス1号。8人は協議の末、イカロス1号とのランデブーを試みようとするが…。



■解説

鬼才ダニー・ボイル監督が最新のVFXを駆使して作り上げたSFムービー。地球滅亡目前の2057年の宇宙を舞台に、極限のミッションに挑んでいくクルーたちの姿を描いていく。脚本は『ザ・ビーチ』『28日後…』に続いてのコンビとなる作家のアレックス・ガーランドが担当。単なるヒューマンドラマや終末SFに留まらない骨太な彼のストーリーを、ダニー・ボイルらしい叙情的でヒネリのきいた演出で映像化した。出演者にはキリアン・マーフィやミシェル・ヨー、クリス・エヴァンスら個性的な面々が集結。『ラスト サムライ』など海外作品でも活躍する真田広之が、宇宙船のキャプテン役で落ち着いた演技を披露してくれている。

  • 2007年4月14日 より 有楽町スバル座ほか全国にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2007)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ダニー・ボイル (Danny Boyle)
脚本 アレックス・ガーランド (Alex Garland)
製作 アンドリュー・マクドナルド (Andrew Macdonald)
撮影監督 アルヴィン・クーフラー (Alwin H. Kuchler)
美術監督 マーク・ティルデスリー (Mark Tildesley)
音楽 ジョン・マーフィー (John Murphy)
編集 クリス・ギル (Chris Gill)
衣装デザイン スティラット・アン・ラーラーブ (Suttirat Anne Larlarb)
メーキャップ クリスティーン・ブランデル (Christine Blundell)
ヘア・デザイン クリスティーン・ブランデル (Christine Blundell)
日本語字幕監修 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
キリアン・マーフィー (Cillian Murphy)  Robert Capa
真田広之 (Hiroyuki Sanada)  Kaneda
クリス・エヴァンス (Chris Evans)  Mace
ローズ・バーン (Rose Byrne)  Cassie
ミシェル・ヨー (Michelle Yeoh)  Corazon
クリフ・カーティス (Cliff Curtis)  Dr. Searle
トロイ・ガリディ (Troy Garity)  Harvey
ベネディクト・ウォン (Benedict Wong)  Trey
マーク・ストロング (Mark Strong)  Pinbacker

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!