映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダウト

光と影が真実を狂わす異色ミステリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

警察官から地方検事になり、出世街道まっしぐらのフォード・コールにとって、アフリカ系女性の地方検事補ノラ・ティマーは有能な部下であり恋人だ。ジャーナリストの密着取材を受けていた夜、事件は起こる。ノラが殺人で逮捕されたのだ。正当防衛を主張するノラだったが、殺された男の親友ルーサー・ピンクスが現れ、真相はノラの計画殺人だと告げる。事件の背後には裏社会の実力者ダニー・ルーデンの姿が見え隠れしていた。



■解説

“陽炎のような女”とLL・クール・J扮するルーサー・ピンクスに例えられるヒロイン、ノラ。演じるジョリーン・ブレイロックには意志的な美しさがある。黒人であることに強さを見出すノラは、その発言の真偽はともかく信念を貫いて迷いなく突き進んでいく。一方、レイ・リオッタ扮するフォードの頭と心には疑念ばかりが膨らみ、翻弄されて焦燥感を募らせていく。登場人物は揃いも揃って誰もが疑わしい。上映時間93分の中に、人種問題や土地の利権にまつわる闘争などが無駄なく詰め込まれている。トロント映画祭で絶賛されたという本作、『ホワイトハウスの陰謀』の脚本家ウェイン・ビーチが監督と脚本を兼ね、巧妙な罠を仕掛ける。

  • 2007年3月3日 より K’s cinemaほか全国にて順次公開

  • 配給:アートポート
  • 製作国:アメリカ(2005)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ウェイン・ビーチ (Wayne Beach)
脚本 ウェイン・ビーチ (Wayne Beach)
原案 ウェイン・ビーチ (Wayne Beach) アンソニー・ウォルトン (Anthony Walton)
製作総指揮 アンディ・カーシュ (Andy Karsch) ジョン・ペノッティ (John Penotti) アンドリュー・レイマー (Andrew Reimer)
製作 シドニー・キンメル (Sidney Kimmel) フィッシャー・スティーヴンス (Fisher Stevens) ボニー・ティマーマン (Bonnie Timmermann) ティム・ウィリアムズ (Tim Williams) レイ・リオッタ (Ray Liotta)
撮影 ウォーリー・フィスター (Wally Pfister)
プロダクション・デザイン ティム・ガルヴィン (Tim Galvin)
音楽 ジェフ・ローナ (Jeff Rona)
編集 クリスティーナ・ボーデン (Kristina Boden)

■キャスト

俳優名 役名
レイ・リオッタ (Ray Liotta)  Ford Cole
LL・クール・J (LL Cool J)  Luther Pinks
メキー・ファイファー (Mekhi Phifer)  Isaac Duperde
ジョリーン・ブラロック (Jolene Blalock)  Nora Timmer
ガイ・トリー (Guy Torry)  Chet Price
テイ・ディグス (Taye Diggs)  Jeffrey Sykes
キウェテル・イジョフォー (Chiwetel Ejiofor)  Ty Trippin
ブルース・マッギル (Bruce McGill)  Godfrey

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!