映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ラストキング・オブ・スコットランド

  • R-15

何よりも恐ろしいのは人間の本性。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、志を胸に、ウガンダにある診療所で働く道を選んだ。時は1971年。軍事クーデターによってオボテ政権が倒れ、イギリスの支援を受けたイディ・アミンが、新ウガンダ大統領の座についた直後のことだ。軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星だ。そんな彼が、診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行くニコラス。熱弁をふるうアミンのカリスマ性にニコラスは、集まった多くの民衆と同様に強くひきつけられるのを感じる。そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、演説会の直後に起こった…。



■解説

ガイルズ・フォーデンの処女小説を元にしたドラマは、青年ニコラスが人助けの理想に燃え、ウガンダにやって来るところから始まる。これにアミンをはじめとする実在の人物や、エア・フランス機のハイジャック事件などの歴史的出来事がからみ紡がれていくドラマは、あの名作『ジャッカルの日』を彷彿とさせる。アミン役はフォレスト・ウィテカー。本作では、独裁者の光と影の部分を見事に捉えた熱演を披露。2006年のほぼすべての映画賞で、主演男優賞を総なめにしている。そんなウィテカーとぶつかりあいを繰り広げるニコラス役のジェームズ・マカヴォイは、スコットランド人俳優。ニコラスの驚愕と焦燥を、リアリティ満点に演じる彼の名演は、観客の共感をひきつけずにはおかないだろう。(作品資料より)

  • 2007年3月10日 より 有楽町スバル座ほか全国にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ=イギリス(2006)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ケヴィン・マクドナルド (Kevin Macdonald)
脚本 ピーター・モーガン (Peter Morgan) ジェレミー・ブロック (Jeremy Brock)
原作 ジャイルズ・フォーデン (Giles Foden)
製作総指揮 テッサ・ロス (Tessa Ross) アンドリュー・マクドナルド (Andrew Macdonald)
製作 アンドレア・カルダーウッド (Andrea Calderwood) リサ・ブライヤー (Lisa Bryer) チャールズ・スティール (Charles Steel)
撮影 アンソニー・ダット・マンテル (Anthony Dod Mantle)
美術 マイケル・カーリン (Michael Carlin)
音楽 アレックス・ヘッフェス (Alex Heffes)
編集 ジャスティン・ライト (Justine Wright)
ライン・プロデューサー アンドリュー・ウッド (Andrew Wood)
日本語字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
フォレスト・ウィテカー (Forest Whitaker)  Idi Amin
ジェームズ・マカヴォイ (James McAvoy)  Nicholas Garrigan
ケリー・ワシントン (Kerry Washington)  Kay Amin
サイモン・マクバーニー (Simon McBurney)  Stone
ジリアン・アンダーソン (Gillian Anderson)  Sarah Merrit

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!