映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 旅路

『柳ケ瀬ブルース』の村山新治が監督した文芸もの。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

父母の遺骨を抱いて、北海道・塩谷から、故郷の紀州へ帰った鉄道員の室伏雄一郎は、そこで伯父夫婦にすすめられ、中里家の長女弘子と見合いをした。が、雄一郎は鼻持ちならない文学少女気取りの弘子より、優しく古風な風情をもつ次女の有里に心をひかれた。雄一郎が帰ってまもなく、中里家の一行が、雄一郎の生活を知るために北海道を訪れたが、雄一郎と弘子の縁組は予期したとおり破談に終った。やがて、紀州に帰った有里に、雄一郎から求婚の手紙が届けられた。下積みで貧しいが、雄一郎の日々のなかにこそ本当の生活を見出していた有里は母みちの反対を押し切って、雄一郎のもとへ走った。



■解説

平岩弓枝の同名小説(東京文芸社刊)を、『うず潮(1964)』の田中澄江が脚色し、『柳ケ瀬ブルース』の村山新治が監督した文芸もの。撮影は『渡世人』の飯村雅彦。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1967)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 村山新治 (ムラヤマシンジ)
脚色 田中澄江 (タナカスミエ)
原作 平岩弓枝 (ヒライワユミエ)
企画 今田智憲 栗山富郎 加茂秀男 (カモヒデオ)
製作 大川博 (オオカワヒロシ)
撮影 飯村雅彦 (イイムラマサヒコ)
美術 森幹男 (モリミキオ)
音楽 小杉太一郎 (コスギタイチロウ)
録音 井上賢三 (イノウエケンゾウ)
照明 銀屋謙蔵 (ギンヤケンゾウ)
編集 田中修
スチル 田中真紀夫

■キャスト

俳優名 役名
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)  有里
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)  雄一郎
宮園純子 (ミヤゾノジュンコ)  三千代
小山明子 (Koyama Akiko)  はる子
樹木希林 (Kiki Kirin)  千枝
原泉 (ハラセン)  しの
伊志井寛 (イシイカン)  南部駅長
鈴木ヤスシ (スズキヤスシ)  良平
菅井一郎 (スガイイチロウ)  新平
木村功 (キムライサオ)  伊藤栄吉
村井国夫 (Kunio Murai)  関根
浮田左武郎   雄一郎の伯父
日高ゆりえ (ヒダカユリエ)  雄一郎の伯母
吉川満子 (ヨシカワミツコ)  みち
片山明彦 (カタヤマアキヒコ)  勇介
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)  弘子
三宅邦子 (Kuniko Miyake)  南部節子
高橋正夫 (タカハシマサオ)  浦辺
城野ゆき (ジョウノユキ)  和子
河合絃司 (カワイゲンジ)  助役
安城由貴子 (アンジョウユキコ)  千代子
山本緑 (ヤマモトミドリ)  売店の小母さん
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  弁護士
岡野耕作 (オカノコウサク)  医師
小池修一   雄一郎(10歳)
小倉一郎 (オグライチロウ)  雄一郎(14歳)
植田多華子 (ウエダタカコ)  三千代(8歳)
黒川志保美 (クロカワシホミ)  はる子(15歳)
石坂博 (イシザカヒロシ)  伊藤栄吉(17歳)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!