映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ヘレンケラーを知っていますか

平成17年度文化庁文化芸術支援作品/文部科学省特別選定作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

目が見えず、耳が聞こえないという障害がある北嶋絹子(78歳)の小さな家が、山口県のある地方の雑木林の中にぽつんと建っていた。ヘルパーの協力を得ながらも、自立して生活している絹子の家に、リストカットを繰り返している山口祐介(15歳)がやってくる。絹子の生活ぶりや、前向きに生きる魂にふれ、祐介は自分を見つめ直し始める。祐介に語った絹子の人生は、実に壮絶であった。夫が出征し、帰還したときには失明の身となっていた。さらに失聴も加わり、光と音を失ってしまったのである。絹子の生きざまに、強く惹かれていく祐介は、ある決心をする…。



■解説

この映画は、金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」の一節、“みんなちがって、みんないい”をテーマに、生命の根元である「愛」を問う作品となっています。山口県に実在する人物をモチーフにして、企画・製作した作品は、様々な問題を抱えた現代社会に一石を投じる映画となり、監督は、ハンセン病、教育、障害者問題等々、一貫して社会に問い続ける作品を送り出してきた中山節夫。主演の盲聾の老女には、NHKドラマ「おしん」で世界中に名を知られた小林綾子が扮し、15歳から78歳までの役を一人で演じ抜く姿も見物です。ほかに夏八木勲、高橋長英、左時枝、倉野章子などの演技派が重厚に脇を固めます。音楽・小室等、撮影・古山正。(作品資料より)

  • 2007年3月24日 より 銀座シネパトスほか全国にて順次公開

  • 配給:H&Mインコーポレーテッド
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中山節夫 (ナカヤマセツオ)
脚本 下島三重子 (シモジマミエコ)
プロデューサー 山本末男 (ヤマモトスエオ)
撮影 古山正 (フルヤマタダシ)
美術 高橋光 (タカハシヒカル)
音楽 小室等 (コムロヒトシ)
録音 福田伸 (フクダシン)
照明 清野俊博
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)
ラインプロデューサー 佐々木裕二 (ササキユウジ)
制作担当 斉藤寛
助監督 山田敏久 (ヤマダトシヒサ)
記録 石川恵与
手話コーディネーター 綾城明美 (ユウキアケミ)
方言指導 武部忠夫 (タケベタダオ) 木原豊美 (キハラトヨミ)
手話指導 南留花 (ミナミルルカ)
字幕製作 飯村優子 (イイムラユウコ)
振付 黒沢美香 (クロサワミカ)

■キャスト

俳優名 役名
小林綾子 (コバヤシアヤコ)  北崎絹子
登坂ヒロ光 (トサカヒロミツ)  山口祐介
鈴木重輝 (スズキシゲキ)  西村達郎(17〜35才)
夏八木勲 (Isao Natsuyagi)  西村達郎(80才)
左時枝 (ヒダリトキエ)  西村光子
倉野章子   北崎イソ
高橋長英 (Choei Takahashi)  北崎伊三郎
酒向芳 (サコウヨシ)  山口孝夫
斉藤とも子 (サイトウトモコ)  山口弘美
倉崎青児 (クラサキセイジ)  佐々木先生
岡本易代 (オカモトヤスヨ)  大溝里子
きゃんひとみ (キャンヒトミ)  ヘルパー
中川安奈 (Anna Nakagawa)  桐生雅子

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!