映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド

2006年SXSW映画祭正式出品作品。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

12年間の空白後、奇跡の再結成。エモーショナルなステージ、メンバー間の新たなテンション、そしてツアーの合間に訪れる静寂、さらに子供の誕生から家族の死まで、解散時の確執が完全に払拭されまいまま突入したツアーの足跡。ピクシーズはどこへ向かうのか…。伝説のオルタナ・バンド、ピクシーズ。その奇跡の再結成ツアーの強く、静かなドキュメント。



■解説

ロック・シーンにおいて、パンクに続く革新的な音楽を作り出したパイオニアであるピクシーズ。カート・コバーン、U2のボノら名だたるミュージシャンをも魅了した彼らは、数枚のアルバムを発売したのち、1992年に突然解散した。解散理由については、メンバー間の人間関係について様々な憶測が飛び交い、原因は明かされぬまま謎とされてきた。そして2004年、今度は再結成と大がかりなツアーの開催を発表し、ファンを狂喜させた。本作は単なるコンサート・フィルムとは異なり、ファンとの関係、そしてステージ上で4人が起こすケミストリーを赤裸々に綴っている。ボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』的なシネマ・ヴェリテ風手法で、近づける限界までバンドの核に迫っていく。(作品資料より)

  • 2007年2月3日 より 吉祥寺バウスシアター(レイト)にて

  • 配給:boid
  • 製作国:アメリカ(2005)
    • ジャンル:
    • Music/ミュージカル
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 スティーヴン・カンター (Steven Cantor) マシュー・ガルキン (Matthew Galkin)
製作総指揮 ジョン・クラスノ (John Krasno) ダニエル・ライキンド (Daniel Laikind) パックス・ワッサーマン (Pax Wassermann) ジュリー・ゴールドマン (Julie Goldman) クリサーヌ・カッツォーリス (Krysanne Katsoolis) Caroline Stevens (Caroline Stevens)
製作 スティーヴン・カンター (Steven Cantor)
共同プロデューサー マシュー・ガルキン (Matthew Galkin) ジャネット・ビリグ・リッチ (Janet Billig Rich) ジョナサン・ファーマンスキー (Jonathan Furmanski) ケリー・ディール (Kelley Deal)
音楽 ダニエル・ラノワ (Daniel Lanois)

■キャスト

俳優名 役名
チャールズ・ブラック・フランシス・トンプソン (Charles "Black Francis" Thompson)  Himself
キム・ディール (Kim Deal)  Herself
デヴィッド・ラヴァリング (David Lovering)  Himself
ジョーイ・サンティアゴ (Joey Santiago)  Himself

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!