映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • saru phase three

あるかもしれない身近な恐怖を描き出す衝撃作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バイクショップの整備士・稔は、アメリカをバイクで旅する事を夢見る青年。そんな彼に突然病魔が襲う。肺に悪性の腫瘍が発見された。手術は成功したかに思われたが、リンパ腺への転移を知らされる。それからは抗がん剤の副作用による様々な症状が顕れるようになるのだった。日に日に確実に弱っていく稔。見舞いにやってきた友人・仲村は、彼の変わりように驚き、主治医にカルテを見せるように申し入れるのだったが…。



■解説

“人体実験アルバイト”とも言うべき治験の実態をドキュメンタリー・タッチで描いた『サル』から3年、本作は、実際にあった“抗がん剤事件”をベースに、医療の現場に起こりうる(または実際に起こっているかもしれない)恐怖を、新進の葉山陽一郎監督が描き出している。“フェイズ”とは“治験”のこと。新薬が医療現場で使用されるまでに経る3段階の治験の事を本作のタイトルは示している。その“治験”に巻き込まれてしまう青年を、「仮面ライダー龍騎」などのヒーロー像が定着している高野八誠が務め、新境地を拓いているのも興味深いところ。

  • 2007年2月17日 より シネマ・ロサ(レイト)にて

  • 配給:クリエイティブファッツ、楽映舎
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 葉山陽一郎 (ハヤマヨウイチロウ)
脚本 葉山陽一郎 (ハヤマヨウイチロウ)
企画 狩野善則 (カノウヨシノリ) 松葉せつこ (マツバセツコ)
製作統括 尾川匠 (オガワタクミ)
製作 高野秀夫 (Hideo Takano) 米津孝徳 前田茂司 (マエダ)
プロデューサー 平田幸仁 (ヒラタユキヒト) 早川均
撮影 中尾正人 (ナカオマサト)
美術 大庭勇人 (オオバユウト)
音楽 野島健太郎 (ノジマケンタロウ)
録音 瀬谷満 (セヤミツル)
照明 白石宏明 (シライシヒロアキ)
助監督 明山智 (アキヤマサトシ)

■キャスト

俳優名 役名
高野八誠 (タカノハッセイ)  福家稔
清水ゆみ (シミズユミ)  椎名亜矢子
井上肇 (イノウエハジメ) 
諏訪太朗 (スワタロウ) 
三島ゆたか (ミシマユタカ) 
有馬光貴 (アリマミツタカ) 
並川倖大 (ナミカワコウタ) 
唐橋充 (カラハシミツル) 
森岡龍 (モリオカリュウ) 
大村彩子  
小野まりえ (オノマリエ) 
藤真美穂 (フジマミホ) 
春日裕美 (カスガヒロミ) 
弓削智久 (ユゲトモヒサ)  仲村武志
奈良坂篤 (ナラザカアツシ)  小野正敏

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!