映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ロッキー・ザ・ファイナル

夢を勝ち取るために、ロッキーが再びパンチを放つ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

かつてボクシング界の栄光の階段を昇りつめた男・ロッキー。しかし今では愛する妻に先立たれ、息子は家を飛び出し、孤独とともに日々を過ごしていた。そんな中、かつての馴染みのバーに立ち寄ったロッキーは、マリーというシングルマザーと出会う。その後彼は、心の喪失感をぬぐうために、再びボクシングを始めることを決意するのだったが…。



■解説

『ロッキー5/最後のドラマ』から16年の時を経て制作された、ロッキーシリーズの完結編。最愛の妻エイドリアンを失い孤独と悲しみの中で暮らすロッキーが、再びボクシングにチャレンジする姿を描く。監督・脚本・主演を務めるのはもちろんシルベスター・スタローン。すでに還暦を迎えている彼だが、鋼の肉体はまだまだ健在。ラストのファイトシーンで繰り出すパンチは、世界王者の頃のロッキーを思い起こさせるほどの重々しさを持っている。そんなパンチ重さ生み出す力こそ、夢を信じてチャレンジを続ける“ネバー・ギブ・アップ”精神。年齢に関係なく前へ進み続ける者に勇気を与えてくれる、大人のためのスポ根映画だ。

  • 2007年4月20日 より TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 シルヴェスター・スタローン (Sylvester Stallone)
脚本 シルヴェスター・スタローン (Sylvester Stallone)
製作総指揮 アーウィン・ウィンクラー (Irwin Winkler) ロバート・チャートフ (Robert Chartoff)
製作 チャールズ・ウィンクラー (Charles Winkler) ウィリアム・チャートフ (William Chartoff)
撮影 クラーク・マシス (Clark Mathis)
美術 フランコ=ジャコモ・カルボーネ (Franco-Giacomo Carbone)
音楽 ビル・コンティ (Bill Conti)
編集 ショーン・アルバートソン (Sean Albertson)
衣裳 グレッチェン・パッチ (Gretchen Patch)
日本語版字幕 林完治 (Kanji Hayashi)

■キャスト

俳優名 役名
シルヴェスター・スタローン (Sylvester Stallone)  Rocky Balboa
バート・ヤング (Burt Young)  Paulie
アントニオ・ターヴァー (Antonio Tarver)  Mason 'The Line' Dixon
ジェラルディン・ヒューズ (Geraldine Hughes)  Marie
マイロ・ヴィンティミリア (Milo Ventimiglia)  Robert ´RockyJr.´
トニー・バートン (Tony Burton)  Duke
ジェームズ・フランシス・ケリー三世 (James Francis Kelly III)  Steps

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!