映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オール・ザ・キングスメン

豪華キャストによる重厚な人間ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1949年、ルイジアナ州。新聞記者ジャックがウィリーと出会ったのは、役人であるウィリーが郡の汚職を非難していた頃だった。やがて職を辞したウィリーに、州知事選立候補の転機が訪れる。当初は対立候補の当て馬だったウィリーだが、形勢が逆転、遂に州知事になる。その頃ジャックは記者を辞め、ウィリーの参謀になっていた。時が経ち、ウィリーの権力は絶大になり、いつしか彼自身が嫌っていた汚職やスキャンダルにまみれ…。



■解説

人は権力を握ると、次第に腐敗していくのか?いや、最初からあった「悪」の心が開花するのかもしれない。この作品は、1920〜30年代に活躍した実際の政治家をモデルにした原作の二度目の映画化。最初の映画化は1949年、『ハスラー』などの名匠ロベール・ロッセン監督による作品で、作品賞などアカデミー賞三部門受賞し、高い評価を受けた。今作では次第に悪に染まっていく政治家にアカデミー賞俳優ショーン・ペン、新聞記者にジュード・ロウという二人の主演俳優を、ケイト・ウィンスレット、アンソニー・ホプキンスといった名優たちが脇を固めている。演出は重厚で見応えがあり、各俳優たちはそれぞれいい演技を披露している。

  • 2007年4月7日 より みゆき座ほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 スティーヴン・ゼイリアン (Steven Zaillian)
脚色 スティーヴン・ゼイリアン (Steven Zaillian)
原作 ロバート・ペン・ウォーレン (Robert Penn Warren)
製作総指揮 マイケル・ハウスマン (Michael Hausman) デヴィッド・スウェイツ (David Thwaites) ジェームズ・カーヴァイル (James Carville) トッド・フィリップス (Todd Phillips) アンドレアス・シュミット (Andreas Schmid) アンドレアス・グロッシュ (Andreas Grosch) ライアン・カヴァナー (Ryan Kavanaugh)
製作 マイク・メダヴォイ (Mike Medavoy) アーノルド・メッサー (Arnold Messer) ケン・レンバーガー (Ken Lemberger) スティーヴン・ゼイリアン (Steven Zaillian)
撮影監督 パヴェル・エデルマン (Pawel Edelman)
美術監督 パトリシア・フォン・ブランデンスタイン (Patrizia Von Brandenstein)
エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサー T・ボーン・バーネット (T-Bone Burnett)
編集 ウェイン・ウォーマン (Wayne Wahrman)
衣装デザイン マリ・アレン (Marit Allen)
作曲 ジェームズ・ホーナー (James Horner)
字幕翻訳 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
ショーン・ペン (Sean Penn)  Willie Stark
ジュード・ロウ (Jude Law)  Jack Burden
ケイト・ウィンスレット (Kate Winslet)  Anne Stanton
ジェームズ・ガンドルフィーニ (James Gandolfini)  Tiny Duffy
マーク・ラファロ (Mark Ruffalo)  Adam Stanton
パトリシア・クラークソン (Patricia Clarkson)  Sadie Burke
アンソニー・ホプキンス (Anthony Hopkins)  Judge Irwin

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!