映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ゲゲゲの鬼太郎

国民的マンガ、待望の実写映画化! 鬼太郎役にウエンツ瑛士を迎え、最先端VFXを駆使した超娯楽作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ゲゲゲの森で、鬼太郎は父親の目玉おやじ、猫娘、子なき爺、砂かけ婆ら仲間たちに囲まれ、のんびりと暮らしていた。そんなある日、人間の少年から助けを求める手紙を受け取った鬼太郎は、人間界へと赴く。一方、妖怪界でも大事件が起こる。ねずみ男が偶然迷い込んだ地下世界で見つけた、光り輝く不思議な石。宝石とカン違いし、人間に売り飛ばしてしまったそれは、悪しき妖怪の幾千年もの怨念が宿った<妖怪石>だった…。



■解説

水木しげるの国民的妖怪マンガを、豪華キャストと最新VFXで実写映画化。鬼太郎役のウエンツ瑛士を始め、そうそうたる俳優がおなじみのキャラクターに扮する。原作のイメージに忠実なキャスティングの妙は、なかなかの見ごたえ。ちなみに目玉おやじの声は、全アニメシリーズで同役に扮した田の中勇。3DCGとなった目玉おやじは、なんと瞳孔まで動き、より表現力豊かなキャラクターになっている。鬼太郎の妖怪大裁判、未知なる夜見の国へ向かう妖怪機関車などのエピソードは原作から抽出したものだが、ストーリーはまったくのオリジナル。鬼太郎の淡い恋も見どころ。またVFXでは、『少林サッカー』を手掛けた香港のCGプロダクション「セントロ・デジタル・ピクチャーズ」も参加している。

  • 2007年4月28日 より 丸の内ピカデリー1ほか全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2007)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
    • |
    • アドベンチャー
    • |
    • ファミリー/キッズ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 本木克英 (Katsuhide Motoki)
脚本 羽原大介 (ハバラダイスケ) 本木克英 (Katsuhide Motoki)
原作 水木しげる (ミズキシゲル)
エグゼクティブプロデューサー 榎望
企画 北川淳一 (キタガワジュンイチ) 清水賢治 (シミズケンジ)
製作 松本輝起 (マツモトテルキ) 亀山千広 (カメヤマチヒロ)
製作主任 砥川元宏 (トガワモトヒロ)
製作担当 高坂光幸 (コウサカミツユキ)
プロデューサー 石塚慶生 (イシヅカヨシタカ) 上原寿一
撮影 佐々木原保志 (ササキハラヤスシ)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ)
音楽 中野雄太 (ナカノユウタ) TUCKER (タッカー)
音楽プロデューサー 安井輝 (ヤスイシン)
主題歌 ウエンツ瑛士 (Eiji Wentz)
録音 弦巻裕
照明 牛場賢二
編集 川瀬功 (カワセイサオ)
衣裳デザイン ひびのこづえ (ヒビノコヅエ)
ビューティーディレクター 柘植伊佐夫 (ツゲイサオ)
キャスティング 川村恵 (Kei Kawamura)
アソシエイトプロデューサー 伊藤仁吾 (イトウジンゴ)
ラインプロデューサー 小松次郎 (コマツジロウ)
助監督 井上昌典 (イノウエマサノリ)
VFXスーパーバイザー 長谷川靖 (ハセガワヤスシ)
特殊メイク 江川悦子 (エガワエツコ)
アクションコーディネート 諸鍛冶裕太 (ショキンジユウタ)

■キャスト

俳優名 役名
ウエンツ瑛士 (Eiji Wentz)  ゲゲゲの鬼太郎
井上真央 (Inoue Mao)  三浦実花
田中麗奈 (Tanaka Rena)  猫娘
大泉洋 (Yo Oizumi)  ねずみ男
間寛平 (ハザマカンペイ)  子なき爺
田の中勇 (タノナカイサム)  目玉おやじ
利重剛 (リジュウゴウ)  三浦晴彦
内田流果 (ウチダルカ)  三浦健太
橋本さとし (Satoshi Hashimoto)  空狐
YOU (You)  ろくろ首
小雪 (Koyuki)  天狐
中村獅童 (Shido Nakamura)  大天狗裁判長
谷啓 (Kei Tani)  モノワスレ
室井滋 (Muroi Shigeru)  砂かけ婆
西田敏行 (Toshiyuki Nishida)  輪入道

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!