映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 松ヶ根乱射事件

  • PG-12

山下敦弘監督が、コーエン兄弟に捧げる(?)人間ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

舞台は90年代初頭頃。とある田舎町・松ヶ根で警察官をしている光太郎は、事件という事件のない退屈なこの町にウンザリしていた。実家は畜産業を営んでいるのだが、ぐうたらな父親・豊道は近くの床屋に居候中。そんな所へ流れ者のカップル、みゆきと祐二が松ヶ根にやってきた。何か訳ありっぽいこの二人の出現をきっかけに、ひき逃げ、金塊騒動、ゆすり、床屋の娘の妊娠と、平穏な町の平和に波風が立ち始めるのだった。



■解説

誰にも踏み荒らされていない深雪に横たわる死体(?)――。冒頭から、コーエン兄弟の名作『ファーゴ』を思わせる描写で始まるこの作品は、日本の典型的な田舎町(「松ヶ根」という地名、風景から、信州の「駒ヶ根」がモデル?)を舞台にした、ちょっと滑稽な人間ドラマ。今思えば、人々が“狂乱”していたバブル期の狂騒曲だ。『ゲルマニウムの夜』の記憶も新しい新井浩文の役どころは、寡黙だけど心に何か鬱積するものがありそうな青年警官。『十階のモスキート』で内田裕也が演じた警官のように、“もしかしたら何かしでかすかもしれない”といった危うさを孕んだ好演ぶりだ。タイトルにある“乱射事件”とは何か、それは観てのお楽しみ。

  • 2007年2月24日 より テアトル新宿ほか全国にて

  • 配給:ビターズ・エンド
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • コメディ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山下敦弘 (Nobuhiro Yamashita)
脚本 向井康介 (ムカイコウスケ) 佐藤久美子 (サトウクミコ) 山下敦弘 (Nobuhiro Yamashita)
企画 山下徹二郎
製作 山下徹二郎 大和田廣樹 (オオワダヒロキ) 定井勇二 (サダイユウジ) 大島満 (オオシマミツル)
プロデューサー 渡辺栄二 (ワタナベエイジ)
撮影 蔦井孝洋 (Takahiro Tsutai)
美術 愛甲悦子 (アイコウエツコ)
装飾 龍田哲児 (タツタテツジ)
音楽 パスカルズ (パスカルズ)
エンディング曲 ボアダムス (Boredoms)
録音 小川武 (オガワタケシ)
照明 疋田ヨシタケ (ヒキタヨシタケ)
編集 宮島竜治 (ミヤジマリュウジ)
共同編集 菊井貴繁 (キクイタカシゲ)
衣裳 小川身知子
ヘアメイク 徳田芳昌
キャスティング 西川文郎 (ニシカワフミロウ)
アソシエイトプロデューサー 岡本東郎 (オカモトハルオ)
製作担当 森崎裕司 (モリサキユウジ)
プロダクションマネージャー 佐々木正明 (ササキマサアキ)
助監督 石川久 (イシカワヒサシ)
スクリプター 田口良子 (タグチリョウコ)
スチール 中筋純 (ナカスジジュン)

■キャスト

俳優名 役名
新井浩文 (Hirofumi Arai)  鈴木光太郎
山中崇 (ヤマナカタカシ)  鈴木光
木村祐一 (Yuichi Kimura)  西岡佑二
川越美和 (Miwa Kawagoe)  池内みゆき
三浦友和 (Tomokazu Miura)  鈴木豊道
キムラ緑子 (Kimura Midoriko)  鈴木みさ子
烏丸せつこ (Setsuko Karasuma)  国吉泉
西尾まり (ニシオマリ)  富樫陽子
安藤玉恵 (アンドウタマエ)  国吉春子
康すおん (カンスオン)  立原勇三
光石研 (Ken Mitsuishi)  刑事
でんでん (Denden)  青山周平
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)  鈴木豊男
中村義洋 (Yoshihiro Nakamura)  富樫圭一
鈴木智香子 (スズキチカコ)  荻野セツ子
宇田鉄平 (ウダテッペイ)  坂部進
谷津勲 (ヤツイサオ)  ツル吉
岡田正 (オカダタダシ)  荻野健次
古屋治男 (フルヤハルオ)  医師
能島瑞穂   助手の女
戌井昭人 (イヌイアキト) 
古舘寛治   男行員
宮内知美 (ミヤウチトモミ)  女行員
黒田大輔 (クロダダイスケ)  水道局員 上島
飛鳥どれみ (アスカドレミ)  荻野正隆
大橋亘   若いアルバイト
小鳥   女水道局員
綾部守人 (アヤベシュウト)  朝の子供
桜井小桃   富樫真由

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!