映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アンフェア the movie

本当にアンフェアなのは誰か? 大ヒットドラマ・シリーズが映画で完結!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バツイチ、子持ち、大酒飲み。しかし、検挙率No.1の敏腕刑事の雪平は、警察の不正が書かれているという極秘文書を追っていた。元同僚の三上からは、危険だから手を引けと忠告されるが、信念は揺らがなかった。ある朝、雪平は娘の美央を学校に送るのをベビーシッターに任せ、三上と電話をしていた。どことなく寂しそうな娘だが、話に夢中の雪平は気付かない。「娘を車で送るのはよせ」、三上が言った瞬間、外で大きな物音がした。



■解説

CX系の大ヒットドラマシリーズが映画になって登場。主人公、雪平の奔放な生き方が多くの女性に共感を得たが、映画では最大の弱みである娘を奪われ、刑事ではなく母としての闘いが前面に出されている。一捻りもふた捻りもあるストーリー展開は一品。謎が解決したように見せかけて、なかなか見えてこない真犯人。二転三転するストーリーに眼が離せない誰が“犯人”かではなく、誰が“アンフェア”なのかがポイントであることに唸らされる。映画ならではの見応えある作品。出演は、篠原涼子、加藤雅也、寺島進、江口洋介ら、お馴染みのメンバーに、椎名桔平、成宮寛貴らが加わった。監督は、ドラマから続いて小林義則。

  • 2007年3月17日 より TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国東宝系にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 小林義則 (コバヤシヨシノリ)
脚本 佐藤嗣麻子 (サトウシマコ)
原作 秦建日子 (ハタタケヒコ)
エグゼクティブプロデューサー 臼井裕詞 (ウスイユウジ)
企画 ハタ啓祝 清水賢治 (シミズケンジ) 市川南 (イチカワミナミ)
製作 谷泰三 (タニタイゾウ) 亀山千広 (カメヤマチヒロ) 島谷能成 (シマタニヨシシゲ)
プロデューサー 吉條英希 (ヨシジョウヒデキ) 稲田秀樹 (イナダヒデキ)
技術プロデューサー 佐々木宣明 (Nobuaki Sasaki)
美術プロデューサー 津留啓亮 (ツルケイスケ)
撮影 大石弘宜 (オオタニヒロノブ)
美術 柳川和央 (ヤナガワ)
装飾 高島寿生 (タカシマトシオ)
音楽 住友紀人 (スミトモノリヒト)
主題歌 伊藤由奈 (イトウユナ)
録音 芦原邦雄 (アシハラクニオ)
照明 花岡正光 (ハナオカマサミツ)
編集 穂垣順之助 (ホガキジュンノスケ)
映像 吉川博文 (ヨシカワヒロフミ)
選曲 泉清二 (イズミセイジ)
ラインプロデューサー 小林正知 (コバヤシマサトモ)
制作担当 梶原富治 (カジワラトミハル)
助監督 舟橋哲男 (フナバシテツオ) 根本和政 (ネモトカズマサ)
スクリプター 天池芳美 (アマチヨシミ)
ヴィジュアルエフェクト 泉谷修 (イズミタニオサム)

■キャスト

俳優名 役名
篠原涼子 (Shinohara Ryoko)  雪平夏見
椎名桔平 (Kippei Shiina)  後藤国明
成宮寛貴 (Hiroki Narimiya)  戸田
阿部サダヲ (Sadao Abe)  小久祐二
濱田マリ (Hamada Mari)  蓮見杏奈
加藤ローサ (Kato Rosa)  浩子
向井地美音 (ムカイチミオン) 
工藤俊作 (クドウシュンサク) 
浜田晃 (Akira Hamada) 
佐藤誓 (サトウセイ) 
小原雅人 (コハラマサト) 
安田暁 (ヤスダアキラ) 
鈴木祐二 (スズキユウジ) 
谷本一 (タニモトハジメ) 
原田佳奈 (ハラダカナ) 
加藤雅也 (Masaya Kato)  三上薫
鳥木元博 (トリキモトヒロ) 
南風佳子 (ミナミヨシコ) 
仮屋ルリ子 (カリヤルリコ) 
法福法彦 (ホウフクノリヒコ) 
遠山景織子 (Toyama Kyoko) 
朝加真由美 (アサカマユミ) 
寺田農 (Minori Terada) 
大杉漣 (Ren Osugi)  入江
寺島進 (Susumu Terajima)  山路哲夫
江口洋介 (Yosuke Eguchi)  斉木陣

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!