映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 僕は妹に恋をする

初めて好きになった人は、好きになってはいけない人でした。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高校3年生の双子の兄妹、頼と郁は幼い頃、結婚の約束をするほど仲よしだった。しかし最近、頼が郁に冷たい。郁は自分に想いを寄せる同級生の事を相談したいのだが、相手にしてくれない。頼と同じクラスの友華は、放課後、友達と楽しそうに話している郁を教室から見守っている頼に近づき、「妹って得だね」と意味ありげにつぶやいた。ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるのだった…。



■解説

嵐の松本潤の初主演映画は、少女コミック連載の人気少女漫画。双子の兄妹の“恋愛”を描いたピュアすぎるほどピュアなラブストーリーだ。愛してはいけない人を愛してしまったために、隠すために嘘をつき、嘘のために相手を傷つける。そして、傷つけてしまった自分を偽ろうとして、さらに自分も相手も傷つけて…。少女が憧れるピュアなラブストーリーに仕上がっている。少女漫画は、同性愛など禁断の恋を描いたものに名作が多いが、それを実写映画として再現したのは冒険だっただろう。原作のファンも原作とは別の作品として観て欲しい。郁役には、雑誌「セブンティーン」のモデル、榮倉奈々。監督は、『blue』の安藤尋。

  • 2007年1月20日 より 恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて

  • 配給:東芝エンタテインメント
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 安藤尋 (アンドウヒロシ)
脚本 祢寝彩木 (ネジメサエキ) 安藤尋 (アンドウヒロシ)
エグゼクティブプロデューサー 鈴木良宜
企画 泉英次 (イズミ)
製作 亀井修 (カメイオサム) 奥田誠治 (オクダセイジ) 藤島ジュリーK. (フジシマジュリーケイ)
プロデューサー 尾西要一郎 (オニシヨウイチロウ)
撮影 鈴木一博 (スズキカズヒロ)
美術 松本知恵 (マツモトチエ)
音楽 大友良英 (オオトモヨシヒデ)
録音 横溝正俊 (ヨコミゾマサトシ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
照明 上妻敏厚 (コウヅマトシアツ)
編集 冨田伸子 (トミタノブコ)
キャスティング 狩野善則 (カノウヨシノリ)
アソシエイトプロデューサー 畑中雅美 神蔵克 (カミクラカツ) 原藤一輝 (ハラフジカズキ)
ラインプロデューサー 池原健 (イケハラケン)
制作担当 安田憲邦 (ヤスダ)
助監督 久保朝洋 (クボトモヒロ)
スクリプター 水口裕子
整音 堀内戦治
スチール 中岡美樹

■キャスト

俳優名 役名
松本潤 (Jun Matsumoto)  結城頼
榮倉奈々 (Eikura Nana)  結城郁
平岡祐太 (Yuta Hiraoka)  矢野立芳
小松彩夏 (コマツアヤカ)  楠友華
岡本奈月 (オカモトナツキ) 
工藤あさぎ (クドウアサギ) 
渡辺真起子 (ワタナベマキコ) 
諏訪太郎 (スワタロウ) 
真柳美苗 (マヤナギミナエ) 
工藤あかり (クドウアカリ) 
石井柾圭  
大森絢音 (オオモリアヤネ) 
鈴木颯人 (スズキハヤト) 
小西結子  
秋山綾香  
萩原彩 (ハギワラアヤ) 
浅野ゆう子 (Asano yuko)  結城咲

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!