映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • LOVE MY LIFE

  • PG-12

自分も相手もありのまま愛せますか?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

パパはゲイで、今は亡きママはレズビアンだった。そんな秘密を父から打ち明けられた18歳のいちこ。子どものいる家庭が欲しくて結婚した両親は恋人同士にはなれなかったが、家族になることを選択したのだ。いちこ自身、悩んだ末に恋人のエリーを父に紹介したばかりだった。戸惑い悩むいちこをエリーは優しく励ます。やがてクリスマス。弁護士を目指すエリーから司法試験が終わるまで会えないと突然告げられたいちこは…。



■解説

やまじえびねの人気同名コミックを吉井怜、今宿麻美を主演に迎えて映画化した本作は、いちことエリー、恋人同士でありながら、それぞれが自分自身として生きる道を模索する正統派青春ストーリーだ。男手一つでいちこを伸びやかに育てた、大らかでリベラルなパパ役で、直木賞作家の石田衣良が映画デビューを果たしている。いちこの天真爛漫な屈託のなさは、この父の影響が大きいようだ。一方、エリーの抱える心の葛藤も、父親との確執で生まれたものらしい。親子関係は対照的だが、エリーに続いていちこも、自分一人の時間を生きることに挑戦し成長して行く。自分に正直で一本気な彼女たち、恋にも人生にも全力でぶつかって行く様が潔い。

  • 2006年12月9日 より シアターN渋谷にて

  • 配給:トライネットエンタテインメント
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 川野浩司 (カワノコウジ)
脚本 金杉弘子 (カナスギヒロコ)
原作 やまじえびね (ヤマジエビネ)
製作 藤田義則 (フジタヨシノリ) 古屋文明 (フルヤフミアキ) 滝口雍昭 (タキグチ)
プロデュース 片山武志 (カタヤマタケシ) 矢部浩彦 (ヤベヒロヒコ)
プロデューサー 中林千賀子 (ナカバヤシチカコ) 三宅はるえ (ミヤケハルエ)
撮影 福本淳 (フクモトジュン)
美術 伊藤ゆう子 (イトウユウコ)
音楽 noodles (ヌードルス)
音楽プロデューサー 安井輝 (ヤスイシン)
録音 山田幸治 (ヤマダコウジ)
整音 久保田敏之 (クボタトシユキ)
照明 市川徳充 (イチカワトクミツ)
編集 森下博昭 (モリシタヒロアキ)
スタイリスト 岡本純子 (オカモトジュンコ)
ヘアメイク 根本佳枝 (ネモトカエ)
ポストプロダクション・プロデューサー 篠田学 (シノダマナブ)
キャスティング 星久美子 (ホシクミコ)
製作担当 橋本竜太 (ハシモトリュウタ)
製作管理 本藤雅浩 (モトフジマサヒロ)
助監督 本間利幸 (ホンマトシユキ)
特写フォト 蜷川実花 (ニナガワミカ)

■キャスト

俳優名 役名
吉井怜 (ヨシイレイ)  泉谷いちこ
今宿麻美 (イマジュクアサミ)  城島エリー
高橋一生 (Issei Takahashi)  タケちゃん
平岩紙 (ヒライワカミ)  ユカコ
須賀貴匡 (スガタカマサ)  アキラ
川合千春 (カワイチハル)  CDショップの客
寺泉憲 (テライズミケン)  エリーの父
秋本奈緒美 (アキモトナオミ)  千波さん
池内博之 (Hiroyuki Ikeuchi)  立花健吾
小泉今日子 (Koizumi Kyoko) 
浅田美代子 (アサダミヨコ)  冴子教授
石田衣良 (イシダイラ)  いちこのパパ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!