映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • フリージア

  • PG-12

近未来の日本に、「敵討ち法」が成立。玉山鉄二がクールな敵討ち執行人を演じた、異色ガン・アクション

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

近未来。治安が悪化した戦時下の日本に、犯罪被害者が加害者に対して復讐できる法律「敵討ち法」が成立する。敵討ち執行代理人となったヒロシ。淡々と任務をこなしていく彼の前に、15年前の幻が現れる。当時少年兵だったヒロシは、上官に連れられある極秘兵器の実験に立ち会っていた。目の前で孤児たちが犠牲となり、彼自身も兵器の後遺症ですべての感覚と感情を失ってしまったのだ。その元上官が、次の敵討ちの対象者だと知り…。



■解説

感情も感覚も失ったダークヒーローが、鮮血飛び散るガン・アクションを繰り広げながら、少しずつ心の痛み=感情を取り戻していく。原作は、松本次郎の同名コミック。舞台は近未来という設定だが、孤独な人々、生ぬるく停滞した空気感、そこで突如暴走する人々の凶暴性など、そこは言いようのない喪失感を抱えた現代とかなり近似した世界。前半の見どころは、玉山鉄二の研ぎ澄まされたスタイリッシュなガン・アクション。後半は一切の感情を持たないはずの彼が、微妙に見せる表情の揺らぎに注目を。感情というあやふやなものを、手探りで求める繊細さと切なさが、普通のアクション映画とは一線を画す異色作。

  • 2007年2月3日 より アミューズCQN、K’s cinemaほかにて

  • 配給:シネカノン
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 熊切和嘉 (Kazuyoshi Kumakiri)
脚本 宇治田隆史 (Takashi Ujita)
原作 松本次郎 (マツモトジロウ)
企画 亀井修 (カメイオサム) 植田文郎 (ウエダ) 藤原正道 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 伊豆倉公一 佐々木史朗 (ササキシロウ)
プロデューサー 久保田傑 (クボタスグル) 松田広子 (マツダヒロコ)
撮影 猪本雅三 (イノモトマサミ)
美術 古積弘二 (コヅミコウジ)
音楽 赤犬 (アカイヌ) 松本章 (マツモトアキラ)
録音 郡弘道 (コオリヒロミチ)
音響効果 斎藤昌利 (サイトウマサトシ)
照明 安部力 (アベツトム)
編集 日下部元孝 (クサカベモトタカ)
衣裳デザイン 小川久美子 (オガワクミコ)
ヘアメイク 喜舎場志乃 (キシャバシノ)
VE 宇津野裕行 (ウツノヒロユキ)
制作担当 阿部豪
助監督 野尻克己 (ノジリカツミ)
スクリプター 田口良子 (タグチリョウコ)
ガンエフェクト ビル横山 (ビルヨコヤマ) 会田文彦 (アイダフミヒコ)
アクションコーディネーター 齋藤應典
スタント 加藤太久実
スチール 平野晋子 (ヒラノシンコ)
タイトル 熊谷幸雄 (クマガイユキオ)

■キャスト

俳優名 役名
玉山鉄二 (Tetsuji Tamayama)  ヒロシ
つぐみ   ヒグチ
三浦誠己 (ミウラマサキ)  溝口
柄本佑 (Tasuku Emoto)  山田一郎
嶋田久作 (Kyusaku Shimada)  岩鶴
竹原ピストル (タケハラピストル)  シバサキ
鴻上尚史 (コウカミショウジ) 
小沢和義 (Kazuyoshi Ozawa) 
阪本浩之 (サカモトヒロユキ) 
ガンビーノ小林 (ガンビーノコバヤシ) 
坂井真紀 (Sakai Maki)  ナツミ
利重剛 (リジュウゴウ) 
永倉大輔 (ナガクラダイスケ) 
大鷹明良 (オオタカアキラ) 
眞島秀和 (Hidekazu Mashima) 
天光眞弓 (テンコウマユミ) 
佐々木海志 (ササキカイシ) 
石田法嗣 (イシダホウシ) 
石川楓子 (イシカワフウコ) 
内田流果 (ウチダルカ) 
太賀 (タイガ) 
徳田翔太 (トクダショウタ) 
岡庭聡 (オカニワサトシ) 
黒沼弘巳 (クロヌマヒロミ) 
大口広司 (オオグチヒロシ)  幽霊
すまけい (Kei Suma)  岩崎恒夫
西島秀俊 (Hidetoshi Nishijima)  トシオ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!