映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • PASSION MANIACS マニアの受難 MOONRIDERS THE MOVIE

結成30年を迎えたムーンライダーズ。その軌跡と現在を映すドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2006年4月30日、日比谷野外音楽堂。この日、ムーライダーズの結成30周年記念ライブが行われた。'76年のデビュー以来四半世紀以上の時間、「バンド」という形態を保ちつつ、自らの音楽を作り続けてきたムーンライダーズ。当日はそんな彼らをリスペクトするアーティストたちがゲストとして数々出演、ゲストがライダーズの曲を歌い、ライダーズ自身がバックバンドを務めるという趣向でステージが展開されていく。



■解説

結成30周年記念ライブの映像を織り交ぜながら、ムーンライダーズの軌跡を数々の証言やアーカイヴ映像とともに振り返るドキュメンタリー。バンド・ヒストリー・ムービーは数多いが、現役バンドのヒストリーとなると珍しい。それは“バンド”というコミュニティの壊れやすさの証拠であり、ゆえに長く“バンド”を保っている彼らの言葉やスタイルは、非常に興味深いものとなっている。また証言には彼らを敬愛するアーティストだけでなく、音楽ビジネスの世界からムーンライダーズに関わった人々の言葉も収録されており、その端々から日本の音楽シーンの変遷、ひいては日本の社会の変遷を感じることができるだろう。

  • 2006年12月16日 より テアトル新宿(レイト)にて

  • 配給:メディアクラフト/ホワイトノイズ・プロダクション
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
    • |
    • Music/ミュージカル
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 白井康彦 (シライヤスヒコ)
撮影監督 藤原秀夫 (フジワラヒデオ)
録音 鈴木裕 (スズキウユウ)
Rec.エンジニア 加藤晴美 (カトウハルミ)
Rec&Mixエンジニア 松田正博 (マツダマサヒロ)
Mixエンジニア 笹原与志一 (ササハラヨシカズ)
VE 鈴木裕 (スズキウユウ)
ラインプロデューサー 磯野耕三 (イソノコウゾウ)
宣伝 田中久美 (タナカクミ) 関根圭 (セキネケイ)
プロデュース 田中久美 (タナカクミ)

■キャスト

俳優名 役名
鈴木慶一 (スズキケイイチ)  本人
岡田徹 (オカダトオル)  本人
かしぶち哲郎 (カシブチテツロウ)  本人
武川雅寛 (タケカワマサヒロ)  本人
白井良明 (シライヨシアキ)  本人
鈴木博文 (スズキヒロフミ)  本人
細野晴臣 (ホソノハルオミ)  本人
高橋幸宏 (タカハシユキヒロ)  本人
あがた森魚 (アガタモリオ)  本人
PANTA (Panta)  本人
サエキけんぞう (サエキケンゾウ)  本人
松武秀樹 (マツタケヒデキ)  本人
椎名和夫 (シイナカズオ)  本人
和田博己 (ワダヒロキ)  本人
朝妻一郎 (アサヅマイチロウ)  本人
中根康旨 (ナカネヤスシ)  本人
國吉静治 (クニヨシセイジ)  本人
近藤雅信 (コンドウマサノブ)  本人
青山陽一 (アオヤマヨウイチ)  本人
遠藤賢司 (エンドウケンジ)  本人
直枝政広   本人
太田譲 (オオタユズル)  本人
曽我部恵一 (ソガベケイイチ)  本人
野宮真貴 (ノミヤマキ)  本人
原田知世 (Harada Tomoyo)  本人
ポカスカジャン (ポカスカジャン)  本人
みうらじゅん (ミウラジュン)  本人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!