映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ミックスマシン

トリウッドスタジオ プロジェクト第1弾作品。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

タエは、周りの人たちに本当の自分をだせず、気持ちを押し殺し生活している。そんな状況の中、人間関係に興味を持てなくなっていた。そんなある日、町中でおかしな実験をしているミツルを見かける。自分とどこか同じ“匂い”のするミツルにタエは惹かれ、ミツルもタエに惹かれていく。そんなある日、ある出来事がきっかけでタエとミツルは「二人が溶け合って一緒になれるように。」と必死に発明品を作り始める。その発明品とは、二人をぐちゃぐちゃの肉にして混ぜ合わせるという大きなミキサーだった…。二人は“ひとつ”になることができるのか。そして“一緒”にいる意味って…?



■解説

本作『ミックスマシン』の監督、斉藤可奈子氏は現役の専門学校生。彼女はこの作品について、「いま心にもやもやを抱えて生きている人と、それを受け入れて生きている人、両方に見てもらいたい。」と語っている。また本作は、“学生にしか作れないもの”を作ろうという“学生による映画製作プロジェクト”として、実質的に動くスタッフ全員を学生(現場制作スタッフだけではなく、スチール担当も、広告デザイン担当も全て)にして、「まだ世に出ていないけど、質の高いものを作れる人がいる。」というメッセージを、作品を通して観客に伝えようとしている。キャストもオーディションで決めるなど、様々な試みからなる入魂の一作といえよう。(作品資料より)

  • 2006年11月25日 より 下北沢トリウッドにて

  • 配給:トリウッド
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 斉藤可奈子 (サイトウカナコ)
脚本 斉藤可奈子 (サイトウカナコ)
プロデューサー 山本達也 (ヤマモトタツヤ)
制作 樋口洋介 (ヒグチヨウスケ) 米山美穂 (ヨネヤマミホ)
撮影 井端裕輝
美術 井手美沙音
劇中音楽 伊藤ひさ子 (イトウヒサコ)
エンディング音楽 POP CHOCOLAT
録音 スティーブン・スネダカ
照明 手塚毅
編集 山本達也 (ヤマモトタツヤ)
プロジェクトマネージャー 大槻貴宏 (オオツキタカヒロ)
助監督 村上恵美 (ムラカミエミ) 渡辺力 (ワタナベチカラ) 福本武ワウベル
記録 本図木綿子
技術責任者 日根野晋一 (ヒネノシンイチ)

■キャスト

俳優名 役名
三枝万莉 (サエグサマリ)  タエ
沼澤貴宏 (ヌマザワタカヒサ)  ミツル
真行寺君枝 (シンギョウジキミエ)  京子(ミツルの母)
エリカ (エリカ)  美咲(タエの姉)
平久保雅史 (ヒラクボマサシ)  高野(ミツルの叔父)
中川和恵 (ナカガワカズエ)  陽子(タエの母)
光井みほ (ミツイミホ)  木下(タエの担任)
高野歩日 (タカノアルカ)  明日香(タエのクラスメイト)
北村佳織 (キタムラカオリ)  美佳(タエのクラスメイト)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!