映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 硫黄島からの手紙

「硫黄島」2部作、第2弾! クリント・イーストウッドが描いた、日本から見た「硫黄島の戦い」

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。



■解説

イーストウッド監督、スピルバーグ製作の『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾。日本の最南端にほど近い太平洋に浮かぶ、東京都小笠原村硫黄島。山手線一周ほどもないこの小さな島は、米軍の本土攻撃を食い止める最期の砦として重要な拠点だった。米軍は当初、圧倒的な戦力の違いから5日で陥落できると踏んでいたが、予想以上の日本軍の抵抗によって激戦は36日間に及んだ。この硫黄島の戦いを率いた日本軍の栗林中将、若き兵士・西郷ら何人かの人物に焦点を当て、硫黄島での戦いを明らかにしていく。戦後61年が経ち、地中から発見された数百通の手紙。届かぬとわかっていてしたためられた家族への思いが、余りにも悲痛で胸を打つ。

  • 2006年12月9日 より 丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(2006)
    • ジャンル:
    • 戦争
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 クリント・イーストウッド (Clint Eastwood)
脚本 アイリス・ヤマシタ (Iris Yamashita)
共同原案 ポール・ハギス (Paul Haggis)
原案 栗林忠道 (クリバヤシタダミチ)
製作総指揮 ポール・ハギス (Paul Haggis)
製作 クリント・イーストウッド (Clint Eastwood) スティーヴン・スピルバーグ (Steven Spielberg) ロバート・ロレンツ (Robert Lorenz)
共同製作 ティム・ムーア (Tim Moore)
撮影 トム・スターン (Tom Stern)
美術 ヘンリー・バムステッド (Henry Bumstead) ジェームズ・J・ムラカミ (James J. Murakami)
音楽 クリント・イーストウッド (Clint Eastwood)
編集 ジョエル・コックス (Joel Cox) ゲイリー・D・ローチ (Gary D. Roach)
衣装 デボラ・ホッパー (Deborah Hopper)
字幕翻訳 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
渡辺謙 (Ken Watanabe)  General Tadamichi Kuribayashi
二宮和也 (Kazunari Ninomiya)  Saigo
伊原剛志 (Tsuyoshi Ihara)  Baron Nishi
加瀬亮 (Ryo Kase)  Shimizu
中村獅童 (Shido Nakamura)  Lieutenant Ito
裕木奈江 (Yuki Nae)  Hanako

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!